【感想・ネタバレ】蜩ノ記 のレビュー

書店員のおすすめ

藩主の側室との密通の罪で幽閉されている主人公・戸田秋谷(とだしゅうこく)。彼は10年という期限付きで、藩譜の編纂を命じられています。なぜ10年という期限付きなのか?10年後には、切腹することが決まっているのです。

物語は、秋谷が家族と暮らす山村の家に編纂補助(お目付)として送り込まれた若き藩士・檀野 庄三郎の視点で、秋谷の生き様を描いていきます。庄三郎もまた不始末を犯して、この役目を押し付けられているのですが、秋谷を師として成長していく中で、自分がやるべきことを見出していきます。
農民との交流で明らかにされる藩の実情や秋谷の心情が、季節の移り変わりを交えながら細やかに描写され、読者は庄三郎に気持ちを同化させることになるでしょう。

ユーザーレビュー

購入済み

武士だ

猫の不在票 2014年03月11日

感動した、皆のためにここまで己の意志を突き通せるだろうか。

このレビューは参考になりましたか?