【感想・ネタバレ】「夜遊び」の経済学~世界が注目する「ナイトタイムエコノミー」~のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年02月27日

タイトルが興味深くてずっと「読みたい」状態であったのものをようやく買って読んだが、思った以上におもしろかった。まちづくりやマーケティングの観点からも、実になるほどという勉強になる話が盛りだくさん。具体的な事例も多く書かれており、読みやすかった。
同じパイの客を奪い合うのではなく、「消費機会の創出」と...続きを読むいう観点、そしてそれには「ナイトエコノミー」が日本では伸びしろが大きいことは今後も常に意識しておきたい。もちろん八戸のような朝の時間の有効活用も含めて。
そしてカジノの行方も楽しみだ。和歌山のマリーナシティに持ってこれれば、可能性無限大だと思うんだけどな。海南の街中がいくらでも活用できそう。にしてもシンガポールのあの有名な建物には、景観としてそんな仕掛けがあったとは、あっぱれである。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月24日

夜の経済は日本では新宿、すすき野、中洲。
多くの観光地では夜は寝るためのものになっている。
夜の経済で問題になるのは酔客、騒音などがある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月02日

カジノを専門に研究する著者が夜遊べるスポットの効用について自身の研究やデータから解説した一冊。

1日の中で夜暗くなってから朝が来るまでの時間を過ごせる場所として、ハロウィンなどのイベントとして近年定着はしてきましたが、本書を読んでニューヨーク、イギリス、シンガポールとさまざまな国のナイトタイムビジ...続きを読むネスと日本との比較を読んでもまだまだ足りない部分があることを感じました。
地下鉄の24時間運行やナイトメイヤーによる振興活動といったことを自治体が率先して時間をかけて取り組んでいることが功を奏していることは印象に残りました。
また、日本の中でもルミナリエと新宿ゴールデン街や湘南地域と渋谷のスクランブル交差点を対比していかに地域や顧客と向き合っていくかも書かれており、非常に印象に残り、有用な知識となりました。
また、著者が専門分野でもあるカジノを軸とするIRについての解説もシンガポールと韓国の事例をもとに解説されており、成功と失敗の要因がわかり非常に勉強になりました。

行政、市民、産業の相互理解やぼったくりなど不正への取り締まりなどのリスクや治安、騒音といった問題があるとは思いますが、遊休不動産を活動することによる地方税収や訪日客消費の増加など国家においてもプラスになることがかなりあり、今後重要視されてくるであろうと感じました。
法的な部分や利便性などすぐには解決できない問題は多くありますが、うまく折り合ってナイトタイムエコノミーが普及していけばいいとも感じました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年01月09日

ナイトタイムエコノミーについて詳しく調べていて、本書に巡り合いました。

訪日外国人の需要を取り込む目的で、政府が力を入れ始めていると思っていましたが、地域経済振興の狙いもあり、進行の先には税収増も見込めるという、創造よりも大きなマーケットになりそうだと感じました。

夜の遊び=飲み会、だけではあり...続きを読むませんね。ハロウィンやイルミネーション、花火など、大人も子どもも楽しめる夜のエンターテインメントはあります。

「ナイトメイヤー」のような、安心して夜を楽しめる環境づくりと、交通機関の充実が課題ですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月04日

日本では特に「夜は寝るものだ」という固定観念があるが...という話の展開で、主張としては分かるけれど、今まで読んだ睡眠についての本などを思い出すと、昼働いて夜は寝るという方が健康のためには良さそうに思えて、本書はそれとは別の「経済」という角度からの視点であり、そのあたりのバランスを上手く取る必要があ...続きを読むるのかもしれない。「クールジャパン」、「地方創生」、「観光振興」などマジックワードが挙げられているけど、最近だと「働き方改革」とかなのかも。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月08日

新橋の夜の経済にはずいぶん貢献しているつもりだが、やはり、夜をどのように盛り上げるかは課題だと思う。この本には登場しないが、兵庫県の城崎温泉は、町を活性化するために、外湯を推奨し、内風呂の大きさを制限、外湯から、温泉街の活気(ビジネス)を伸ばし、町ぐるみで潤うようにしていると。夜の経済のための商業、...続きを読む法整備、組織などが網羅されている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月27日

夜が早すぎる優等生観光国家、日本。観光客それ自体はコストであるという目からうろこの指摘。観光客の人数を増やしても、お金を使ってもらえなければ(平均消費額と滞在日数を増やさなければ)意味が無い。
自分にとっては新鮮な情報がてんこ盛りであり、啓蒙書であった。ゴールデン街潰してしまえ、クラブは締めつけろ、...続きを読む客引き禁止条例いいじゃない、と単純化していた不見識を恥じる。
24時間メトロはかなり難しいが、24時間都営バスは十分勝算がある。実験路線の敗因も、勝算の提言も説得力あり。
狭い国土でどうしても生じる「近隣住民」問題。海ほたるを拡充してカジノ都市にしちゃう、くらい気宇壮大なプランでもぶち上げてくれんかね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月17日

夜の観光資源というのがふわっとしててよくわからなかった(ドンキが開いてるくらいでよいのか…?)けど、総じて面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月03日

夜遊び、とあるが女遊びではない事を明記しておく。訪日客からら見て、夕食後のアイドルタイムの活用でチャンスあり!と説いている。日本の名物=温泉 は夜はただ旅館でテレビ。夜に散歩にも出ようものなら遭難してしまう。お金を使いに来ている客に場所と目的、理由を創れば、旅行単価は上がる。ついでの消費をどれだけ作...続きを読むるかが、重要

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月10日

稼ぎを夜に求めることの是非は置いといて、なぜ観光で稼ぎが必要かを改めて考えさせられる。当たり前だが、観光客が来る=地域にとってはコスト。経済効果を生まない観光施策はリターンを生まないマイナス政策。反論の余地を与えないパーフェクトなインセンティブ。

このレビューは参考になりましたか?