【感想・ネタバレ】常夜ノ国ノ天照のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年09月07日

 狂った神が居座り、水子が流れ着き、時折若いむすめを引きずり込む世界。ここのものを食べたが最期、死んでも出られなくなる世界。永遠に終わりそうもない、善と悪の戦いが続く世界。
 ああ、確かに。確かにそうだ。
 こんな世界は「なくてもいい」どころか、「ないほうがいい」のだ……。
「だが、大勢が生きる世界...続きを読むを壊す権利は、誰も持っちゃいない」
(P.361)

このレビューは参考になりましたか?