【感想・ネタバレ】高座の上の密室のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年10月08日

出版社の編集員から寄席《神楽坂倶楽部》の席亭(社長)代理として『出向』という形で働いている希美子。

前作では寄席の習慣、業界用語に付いていくのに精いっぱい…というより振り回されていただけの希美子でしたが、今回は少しずつ慣れてきて『席亭代理』、略して『席代』と呼ばれることにも戸惑わなくなってきてま...続きを読むす。

姉妹編(私が勝手にそう受け止めている)の神田紅梅亭シリーズは落語の話ばかりですが、こちらは落語だけではない、『色物』と呼ばれる手妻(手品)や太神楽(傘の上で様々なものを回す芸)という、落語以外の芸にもスポットを当てています。

そして前作のあとがきで作家さんが予告された通り、今回は事件も起きてます。
一つはタイトルの通り、高座の上で起きた事件。
紐で封をされた葛籠の中から脱出するという芸の最中、葛籠と客の眼という二重の密室から消えた少女。
母親でもある手妻師は、別れた元夫が少女を誘拐したのだと騒ぎ出します。
蓋を開ければ、そう複雑でもない話なのですが、芸の世界に生きる人たちの苦労が分かる話です。

もう一つは独り立ちの試験として芸を見せている最中、やるはずのことをやらず、予定にならないことをやりだした太神楽師。
こちらは所謂日常系という感じ。
ただテレビ収録ではない、生の『寄席』という舞台ならではのことで、とても興味深かったです。

神田紅梅亭シリーズでも出てきますが、突然出てくれるはずの芸人さんが来れなくなってしまったり、寄席が始まっている最中に慌ててほかの芸人を探したり。その間前の芸人さんが話を長引かせたり。
こういうトラブルが日常茶飯事の『寄席』という世界が印象深く感じた話でした。

愛川さんの作品をいくつか読んでいる身としては、ところどころに他のシリーズのキャラの名前が出てくるのも楽しかったです。
今回は『ヘルたん』からあの人の名前が登場。元気で頑張っているようで良かったです。
あとがきによると、これからもそういう遊びをやってくれるようで、楽しみです。


父親の体調が良くなるまでという約束で勤めている『席亭代理』ですが、希美子の気持ちは少しずつ変化している様子。
元彼の出現もあって、これからの展開がますます気になります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月18日

1冊目では主人公は振り回されてばかりでしたが、2冊目ではだいぶ地に足が着いた感じです。その分お話も落ち着いておもしろさも増して感じです。
2編ともきれいにまとまっていますが、手妻の天翔斎は好きになれなかった。子供のことで必死になっているのはわかるけど、興行主である席亭(代理)からの電話にも出ない、メ...続きを読むールにも返事しないというのは、あまりにも失礼だと思う。そこがすごい違和感でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月02日

内容(「BOOK」データベースより)
出版社から寄席・神楽坂倶楽部に出向中の希美子は新米の席亭(プロデューサー)代理として奮闘中。寄席に欠かせない色物芸の世界を覗き見ると…。手妻「葛篭抜け」で人気を博す美貌の母娘。超難度の芸に精進する太神楽師。彼らの芸が謎と事件を次々と引き寄せる。超絶技巧の本格ミス...続きを読むテリ、鍵は「人情」だ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月01日

密室というので、本当の事件があるのかと思ったのだけど、そういう展開ではないのね。
高座から消えた女の子の謎、ああいう展開で、本当によかった。
いろんな意味で、ちょっと物足りなくはあるけど、後味は悪くない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月13日

定席神楽坂倶楽部の席亭代理のシリーズ第2弾。本シリーズは寄席を舞台にしていても、落語家ではなく、色物芸人さんたちを描くシリーズらしい。

そして今回は、ヅマヤのチョウちゃんこと五代目藤島天翔斎という手妻の芸人さんとその娘親子のお話と、太神楽の亀川鏡太夫、鏡之進親子のお話し。両方とも親子の絆を描いた人...続きを読む情話でほろりとさせてくれる。

それにしてもアラサーの天翔斎さんとその娘の小桃ちゃんはとても魅力的だ。シリーズ続編にもまた登場してくれないかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月19日

神楽坂の寄席「神楽坂倶楽部」のシリーズ2作目。
あとがきにあるように噺家エピソードから離れて手妻と太神楽が主役の2編。
確かめてないけれど、前作から10日ほどしか経ってないのに驚いた(笑)
この先、相談に乗ってくれそうな同世代のキャラも出てきてやっとスピードが出てきた感じ。
メインは色物だけれど、楽...続きを読む屋で耳にする高座は有名どころの話でそれが上手く話しに繋がるのがいい。
二話目冒頭でさりげなくサンボーのくすぐりを入れるところなんか憎いですね。
解説にある通り次作は小梅さんのお話しかな。

このレビューは参考になりましたか?