【感想・ネタバレ】女が動かす北朝鮮 金王朝三代「大奥」秘録のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年08月05日

北朝鮮の権力者にかかわる女性について知りたくて読書。

まだ金与正がほぼ表に出ていなかった2016年4月発売。改めて今読んでみると示唆に富んでいる。金与正と金敬姫が近いことが分かる。

ある北朝鮮研究者は、独裁国家にナンバー2は存在しないと指摘する。対外的な序列、元首は存在するも実際は独裁者の兄弟、...続きを読む家族、親族しか信用しない部族・王朝スタイルで統治されるからだろう。

北朝鮮の権力者とそれを取り巻く「大奥」は、まさに封建社会、李氏朝鮮時代そのままの現代へタイムスリップしているように思えてくる。リアル宮廷女官チャングムの誓い。現代日本人からはまったく想像できない教科書の世界だ。

また全体を通して著者の取材力のすごさを実感させてくれる。本書では多くのインタビュー内容が盛り込まれていてグイグイと引き込ませてくれる。

第1章の金与正と第7章を個人的に精読。

北朝鮮の女性の権利や立場、状況について日本のフェミニストたちが糾弾している声をあまり耳にしない。なぜだろうか。

女性に限らず、独裁国家は、権力者とその一部の周りの人間以外の人間は権利も自由もない奴隷同然なので男女問わず運命を自分の意志では決めることができないのは当然と言える。

脱北者全体の7割が女性である点も興味深い。やはり北朝鮮が変わるためには脱北した元北朝鮮人たちの存在が鍵となるのだろうか。

読書時間:約1時間45分

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月01日

2016年4月発行。

儒教の価値観が強い北朝鮮では、男女は平等だと定められても、依然として女性は困難な状況にある。それは、指導者の周囲にいる女性らにとっても同じだろう。しかし、女性も何らかの形で国を「動か」している。そんな視点から書かれた本だ。

金正日の母親、妹、そして数多くいる妻達や愛人をはじ...続きを読むめとして、金正恩の妹、妻、そして工作員だった金賢姫、喜び組の女性たちなどに焦点が当てられる。
多くの情報は、北朝鮮関連のニュースを集めたものであるため目新しさはないが、「北朝鮮の女性」の生き様をこうして一度に読むと、ある種の「すさまじさ」を感じることができる。

同書では名のしれた有名な女性たちが取り上げられているのであるが、第7章で少しだけ取り上げられているように、脱北者の7〜8割を占める女性たちも、国を「動か」しているといえるだろう。また、生きるために闇市場で何でも売って家族を支えるたくましい女性が増え、男女の力関係も変ってきているという。
そういった意味で、女性の役割の変化は北朝鮮の変化といっていいだろう。

注)金正日の娘・雪松とされる写真、として同書に掲載されている女性だが、この女性は別人であることが一部メディアで確認されているため、この一点だけが残念な部分だ。

このレビューは参考になりましたか?