【感想・ネタバレ】異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2021年01月25日

ミステリー要素とちょっぴり恋愛要素があるのがよかった!美術がそもそも好きだから絵画ミステリーっていうジャンル面白かったし、難しい描写も西洋美術史の授業取ってたおかげで理解しやすくてとても好きな小説だなーと思った。
図像術が隠された絵を見てしまったらどうしようって怖くなった笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月03日

図像術、よくわからない分野なのに楽しく読んでしまった。絵が見える訳でもってないのに、伝わってくるってのが面白いなぁ。
思い出の時とは、ちょっと違う雰囲気。
続編を読もうっと、と思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

図像学というのは初めて知ったが、なかなか興味深かった。
人付き合いの苦手な千景とその幼馴染の透磨。
千景の生い立ちの謎が少しだけ解けて、微妙だった透磨との関係に親展の兆しが見えたラストシーンであったかい気持ちになれたかな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年01月26日

読み終わりました!やっとです…やっと!

絵をじーっと眺めたり見たりするのが好きなので
文章だと想像することしか出来ないけど
情景を思い浮かべるの楽しかったです☆

動物とか人や風景。。
どんな姿をしていて
どんな風にすごしているのかどうか
絵には色んなモチーフの意味が隠されている……

私もどんな...続きを読む意味が込められているのか
そのモチーフの意味とか興味深かったです!
知りたくなりました。。


呪われた絵って本当にあるのだろうか
物語は緊迫な雰囲気だったけど、
図像のこと勉強になりました!

こういう美術に密着!みたいなストーリーを
読んだの初めてかも。。
読書の秋にいいかもしれないですね



これで繋がりました。。
(最初、この本が1巻だとは知らずに
先に2巻を途中まで読んでしまったので…気づいて良かった。。)



絵も重要だけど。。
忘れてはいけないのは登場人物!
みんな個性的で…どんどん引き込まれました(〃ω〃)
こういうチーム素敵です☆

私も異人館画廊へ行ってみたくなりました☆
何も考えずにのんびりしたいな。。



千景と透磨の恋模様も見逃せない!
二人の会話がもう絶妙ですね

キュンとするところもあって
この後どうなるんだろうなと
読んでいる手が止まりませんでした////



私も。。忘れてはいけない大切な事を忘れてしまって
後悔した経験があるから


どうしてあの時、思い出せなかったんだろう…
そしたら傷つけるようなこと言わなかったのに。。

千景が幼い頃に誰かと一緒に遊んだ事を
思い出そうとしているシーンは

私みたいに取り返しのつかないことになってなくて
良かったと読んでいてそう感じました。




千景は透磨のこと
どう思っているのかな。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月27日

■死を招く絵画に隠された暗号とは!?美術ミステリー!!

独自の意味を背景や小物として絵画に書き込む手法、図像。英国で図像学を学んだ千景は、祖父の死を機に日本に戻ってきた。祖母が経営する画廊には一風変わった仲間たちが集っており人付き合いの苦手な千景は戸惑うばかり。そこで千景はある盗難絵画の鑑定を依頼...続きを読むされるが、仲介者が昔から気の合わない幼馴染みの透磨だと知って…!?呪いの絵画をめぐる美術ミステリ!!文庫書き下ろし。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月27日

とても読みやすく面白かったです。
この本では「図像学(術?)」というものがキーワードになっており、それが特に心を惹かれました。
私はこの本で初めて知ったのでそういうものが実在するのかはわからないけれど調べてみたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月14日

「図像学」という技術を用いたミステリー。
絵画の奥深さに触れられとても興味深かったです。
ストーリーは少しときめきもあり、ミステリー要素もありという感じで軽く読めるのが良いのかなと思いました。
千景と透磨の不器用な恋愛の行方が気になる。。。
シリーズ化しているということで、今後の2人の関係性に期待。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月14日

表紙のイラストが魅力的だったのと、「伯爵と妖精」シリーズの作家さんだということで手に取りました。恋愛要素が多めなのかな?と想像していましたが、ミステリ色が強めです。恋愛要素少なめでも面白い人物が多いので、楽しんで読めました。活字だけなのに芸術作品をうまく描写してくれているので、架空のものでも頭に思い...続きを読む浮かべることができました。主人公の絵は、一度絵として見てみたくなりました。表紙のふたりの関係が少しだけ進展したところで終わってしまったので、これからの展開が楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年03月08日

森若さんにハマって久々にラノベが読みたくなり、手にとった1冊。
(多分)横浜の奥に佇む異人館画廊、港町、18歳でイギリスの大学の修士をスキップで卒業した天才少女、絵画にこめられたイコン(図像)、西洋美術、美味しい紅茶とケーキ……。
女子の好きなものをこれでもかと詰め込み、しっかりと作り込んで世界観を...続きを読む成立させているのはさすがというか。

主人公と相手役がお互いツンデレ同士で、ムズキュンがやばい!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月07日

【あらすじ】
死を招く絵画に隠された暗号とは!? 美術ミステリー!独自の意味を背景や小物として絵画に書き込む手法、図像(イコン)。英国で図像学(イコノグラフィー)を学んだ千景は、祖父の死を機に日本に戻ってきた。祖母が経営する画廊には一風変わった仲間が集っており人付き合いの苦手な千景は戸惑うばかり。そ...続きを読むこで千景はある盗難絵画の鑑定を依頼されるが、仲介者が昔から気の合わない幼馴染みの透磨だと知って…!? 呪いの絵をめぐるミステリー!!

【感想】

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月04日

本書で初めて「図像」という言葉を知りました。図像については、話の中で詳しく説明されていてわかりやすかったです。話はこの図像が使われた呪いの絵画をめぐるミステリ。美術が好きなので、私は好きな内容でした。濃いキャラクターが多いですが、中でもやっぱり千景と透磨の関係性も今後どう変わっていくのか気になります...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月14日

図像学って初めて聞いたので作者が考えたものだと思っていたんですが本当にあると聞いて驚きました!絵のモチーフから意味を見出したり、見た人の意識に訴えかけることが出来るなんてすごいなあと思ったし、図像学についてくわしく知りたくなりました!口は悪いけどやさしさが見える透磨くんがひたすらかっこよかった…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月15日

図像学というものを この物語で初めて知った。
美術関連が苦手な私でも、想像をしながら読むことが出来て楽しかった。

絵に込められた複数の意味を考え、作者の思いを汲み取る。
鑑賞というものをどうやるのか、今まで分からなかった。でもこの物語から1つの方法を教わった。

 全体的に読みやすかったが、図像自...続きを読む体の挿絵が無かったから、勿体ないな・・・、と。そのため、星を4つ。でも自分で調べてみたいと思わせるために、あえて入れなかったのかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月12日

絵画を題材にした美術ミステリ。
ダン・ブラウンのロバート・ラングドンシリーズを連想しました。絵画に残されたシンボルを元に謎を解き明かしていく。

ミステリ要素だけでなく、主人公とその幼馴染の両片想いの関係もキュンとして楽しめました。
シリーズもの。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月28日

一応ミステリー?絵の中にひそむ図像を読み解く女の子と、画廊のオーナーの男の子と、その仲間のお話。ちょっと展開がどうかなというところもあるけれど、美術の話は好き。
2017/2/27

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月02日

シリーズものは途中で飽きてしまうから、敬遠していたがこれだと最後まで読めそう。

物語自体もスパイス程度の謎が含まれており非常に読みやすい。

…透磨と千景の関係が!!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月12日

続くの解ってるから続きが気になる。
二人の関係性はどうなるんだろう。
欲を言えば図像の絵が欲しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月24日

図像学という耳慣れない学問で、絵画に込められたメッセージを読み解いていく美術ミステリー。

美術に疎い私でもサクサク読めた。ただ、18歳で博士号を取得した秀才で、早熟で生意気な少女という主人公・千景のキャラに、なかなか感情移入がしにくかった。それでも、少しずつ仲間に心を開いていくところや、幼い頃に起...続きを読むきた誘拐事件のせいで心に傷を負った千景と透磨の今後の関係には期待。

あと、明記はしてないけど、舞台が神戸みたいなので、街並みや観光名所など、思い浮かべながら読むのも楽しい。
絵画に描いた物によって、見る人の深層心理に働きかけ、自傷行為を誘発するような影響を与える。正直半信半疑なとこはあるけれど、実際にそういう学問があることを初めて知り興味深かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月24日

「思いでのとき」シリーズが好きで、同じ作家さんということで読んでみました。
個人的には美術にそれほど興味がなかったからなのか、あまりサクサク進みませんでした。。
でも美術に詳しくなくてもわかりやすく書いてあったので、読みやすくはありました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月16日

宗教画を見るときに誰なのかを判別するために持ち物に注意していたけど、図像学という言葉をは、の本で初めて知った。危険な図像があるかどうかはともかく、図像のことや登場人物の過去がストーリーに上手く絡ませてあって読みやすく面白かった。もっと勉強して、作者が絵に込めたものを読み取れるようになりたい。

このレビューは参考になりましたか?