【感想・ネタバレ】脳波操縦士 のレビュー

価格 0円 (税込)
4.0
1件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

購入済み

思いの外興味深かった

丹下左膳 2014年11月16日

1938年の発表だから、戦前である。原爆も原発も、影も形もない時代。その頃に、この様な発想で書かれた小説が有ろうとは、考えてもみなかった。
脳波とういのは、つまりは微弱な電波である。ならばラジオコントロールで模型が動く様に、脳波コントロールで機械を遠隔操作することも出来る……。あれから約80年。我々...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?