【感想・ネタバレ】一歩前進二歩退却 のレビュー

価格 0円 (税込)
3.0
1件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

購入済み

構造主義以前?

丹下左膳 2014年09月01日

構造主義、というのは確か、作家の出自や人生行路や人間性を考えずに、作品のテクストそのものだけから批評しよう、というものだったかと思うが、それを訴えている文章、という気がする。が、多分動機は「自意識から自由になりたい」というもので、読者にと同時に、自分に言い聞かせているのであろう。
「沈黙するな。自意...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?