【感想・ネタバレ】雄飛 1のレビュー

ユーザーレビュー

無料版購入済み

mentizai 2021年01月22日

昭和の時代を懐かしむ空気もあるが、昭和20代、30代は、
あの戦争で多くのモノを失い、闇を抱えて生きている人がたくさんいた。
そういった人たちを描いたのが松本清張だったと思うのだが、
「雄飛」のストーリーは松本清張を彷彿させた。

このレビューは参考になりましたか?

気に入りました。

ディクタス21 2019年10月26日

知らない漫画でしたが、とても気に入りました。
ボクシングシーンでは疑問が残る点もありますが、そんなことにケチを
つけても仕方ない。
不幸な家族ばかりの時代だったかもしれませんが、そういう部分を
隠して育てられた世代なので、かえってひかれたのかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月29日

小山ゆうの新作が出ていたとは知らずようやく読み始めた。
雄飛とそれを取り巻く人々の人情話に感動で涙腺崩壊。
人情話に加えて、暴力沙汰も濃厚に織り込まれとても楽しめる作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月30日

~11巻
『がんばれ元気』を彷彿とさせるけど、泣ける濃度がやや薄い。小山ゆうの作品は最後まで安定してるので今後も期待。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月29日

「あずみ」ばかり書かされてもったいないと思っていて、久しぶり新作。ボクサーの話のようだが、戦後と現代を行ったり来たりする大型ドラマの様相。戦争孤児で、親は殺され親戚では冷遇されというお馴染みの話。勧善懲悪はいいのだけど、悪の描き方が小山ゆう風にワンパターンであきる。主人公が品行方正、弱気を助け強気を...続きを読むくじきオーソドックスなキャラなのも新鮮さがない。これらかの展開に期待。

このレビューは参考になりましたか?