【感想・ネタバレ】暁の密使(小学館文庫)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年11月01日

同作者の『狐闇』や蓮丈那智フィールドファイルで再三出てくる税所コレクションと三角縁神獣鏡。明治の国際パワーゲームに勝つ為にチベットに南朝を復活させようという計画の為に偽造された、八咫烏が映し出される魔鏡版三角縁神獣鏡、その三角縁神獣鏡がチベットへ旅するのが本書『暁の密使』
歴史的な真偽はさておき、大...続きを読む変楽しいスパイ&山岳アクション&バイオレンスと信心、そしてロマンス。仏教僧アイガーサンクションって感じか。北森本にしては珍しくバランスの良いエンターテイメント小説に仕上がっておりまして、終始楽しく読みました。1900年代に入る直前、1889年(明治31年)から物語がスタート、神獣鏡を運ぶのは僧、能海寛(ただ、本人はなにも知らされていない)、キーワードを運ぶ僧、河口慧海は別ルートで、仏教学者寺本婉雅は能海と合流、軍人成田安輝は本職のアンダーカバーエージェントとして潜入、地元の中国人や少数部族の人々に助けられ能海は西蔵をめざす。歴史上の真偽は横に置いといて実在の人物たちが実際にあった出来事の間でナニをやってたかという隙間埋め型のストーリー。ジャーディンマセソン社トーマス・ヤンセン(紅茶とアヘン、そして武器商会イギリス系ジャーディンマセソン社は現在も巨大国際コングロマリットとして健在、ちなみにあの”グラバー邸”のトーマス・グラバー、グラバー商会はこちらの長崎支店)がかなりのキーパーソンになってくる。当時小ネタも満載で能海が日本アルプスを世界に紹介した登山家宣教師ウォルター・エストンに登山技術を学んでいるとかそこらへんのこともちらちら出て来て盛りだくさん。今まで読んだ北森本の中で一番面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

仏教の力が弱まってきた明治時代。
原点にもどり、チベットの経典を求めて険しい道行をする主人公。
純粋な仏道のためだけにチベットを目指しているのだが、
開国し国力を強めようとする日本の思惑に結局振り回されてしまう。
主人公と同行する人達も癖があり、惹きつけられる。
面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月14日

明治維新後の仏教弱体化を憂う僧が仏教再興のために経典を求めて聖地であるチベットを目指すが、当時の国際情勢の影響もあってその旅路は非常に険しいものとなる。。。
これまでチベットという国に対して殆ど何の知識も興味もなかったので、本書を書いたのが北森氏でなければきっと読もうとは思わなかったはず。
維新後の...続きを読む神仏分離、日清戦争と日露戦争、東インド会社の暗躍など、断片的に持っていた知識に繋がりを感じることができたことが収穫です。
それだけでなく、北森作品なので物語としてもとても面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月24日

“不惜身命”仏道のために一命を賭して西蔵(チベット)の聖地・拉薩(ラッサ)を目指した仏教者がいた。その名は能海寛。時は明治、近代国家形成に向け必死に背伸びする日本を取り巻く情勢は、その苛烈さを増していた。アジアにあって地勢の要衝であるチベットを制するために欧米列強の触手が伸びる。世に“グレートゲーム...続きを読む”といわれる覇権競争である。仏教再興のためチベット潜入という壮挙を図りながらも、思いなかばで行方を断った能海の足跡を辿りながら、“歴史のif”に挑む著者会心の歴史ミステリー巨編、待望の文庫化。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月10日

ラストが悲しいなあ、史実だから仕方ないけど。昔読みかけで挫折している河口慧海のチベット探訪録をもう一度読んでみよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月05日

真摯で純粋な思いは、人を惹きつけるものなのかもしれない。
いつの時代も、宗教に傾倒(っていうのは語弊があるか。。。)している人は、盲目的で、周りが見えにくくなるんだなぁ。

能海は魅力的だ。
西本願寺・東本願寺の対立のこと、初めて知った。
今も対立してるのかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

 出会ったときから気づいていたが,能海は肩から掛けた頭陀袋をひとときたりとも手放そうとはしない。船室から出るときはいうに及ばず,用便所で苦しんでいた最中にあってさえも,それを我が身から離すことはしなかった。はじめのうちこそ,よほど大切なものが入っているのだろう,ぐらいにしか思わなかったが,あまりの執...続きを読む着ぶりが揚用には奇異なものに思えてきた。むろん,旅とは危険との背中合わせである。盗人,追いはぎ,なにが襲いかかってくるかわからないのが旅であることを,揚用はよく知っている。それでなくとも旅人は,少なからぬ資金を所持している。金は絶対に肌身から離してはならないのが鉄則でもある。だが,能海の頭陀袋の中身は金ではない。目の飛び出そうな大金を,腹巻きから取り出す場面を幾度も目にしている。
 では,彼が死守しようとしているものはなにか。
(本文p28-29)

※ひとこと※
歴史ミステリー。ひたすら真面目な仏教者・能海が,本人に関係なく策略に巻き込まれてしまう姿が面白くもあり,気の毒でもあり。

このレビューは参考になりましたか?