【感想・ネタバレ】普賢のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ

難しいけれど妙にスラスラ読める

0rh2w8106p.423c 2018年01月04日

饒舌で尚且つ韜晦な文章だが、時折急に飛び出す詩的で堅い文章は視覚的にもはっとさせられ、リズムがいいから聴覚的にもはっとさせられる。また、落語を聞いてるような感覚にもさせられる。内容は、どうしようもない色々な男女が登場する風俗小説であるが、これがまた皆どうしようもない。語りは「わたし」という一人称だが...続きを読む、登場人物の動きが中心に語られる。「わたし」は仲間たちのだめっぷりを嘆くが、自分もまただめだめであることを自覚している。書こうとしているピザンの伝記もいっこうに進む気配がない。そして恋情を抱いていたユカリに絶望し、警察から逃げることにもなり、最後には普賢菩薩にすがりつく。そして急に訪れるオチ……
高踏な風俗小説であり、得意な文体ゆえに読むのは疲れるが、一読する価値は大いにある。

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング