【感想・ネタバレ】慈悲をめぐる心象スケッチのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年09月15日

賢治は童話も書いているから、その作品は小学校の国語の教科書から、もう、掲載される。
けれども、それを100パーセント近く理解出来る人間はほとんどいない…と、私は思っていた。
教科書にはよく「やまなし」など載っている。
しかし、これは大人になった今でも理解不能な部分が多い。
多分、先生も理解していない...続きを読むだろう、なのに、生徒に教えなくてはいけないとは…同情を禁じ得ない。
なのに、教科書に載っているという事は、載せなくてはいけないほど重要な作家なのだな、とは思っていた。
しかし、理解できないままでいいとも思っていました。
賢治に限らず、『読んだけど、全部は分からなかった』という読書も多くあるし、それはそれでいいと思う。

しかし、この本は今までとは違った方法で賢治を描き出していました。
良いことを言っているのだろうが自分には感動できない…と思っていた『雨ニモ負ケズ』が、初めて色彩を持って心に染み込んできた。
宗教の専門的な話は難しかったですが、全部は理解できなくても、読んで良かったと思える貴重な一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月15日

筆者はこの文章の文種をはっきり言わない。エッセーとも何ともつかないというような言い方をしている、私はとてもわかりやすい評伝であったと思った。
仏教の視点から見る宮沢賢治、これは今までも多かったと思うが、しかし、この本で発見をたくさん感じたのは、やはり筆者の賢治への思い、賢治からの学び、そういうものが...続きを読む明らかになっているからだと思う。
読み応えがある、しかも、分かりやすい。伝わってくるものが多い。
この本をもって、再び、花巻を訪れたい。
良い本を読んだと思う。

このレビューは参考になりましたか?