【感想・ネタバレ】鯨人のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年10月22日

インドネシアの島の中で、銛一本で鯨に立ち向かい、生きてきた人たちに密着した七年間の記録。その営み。
2010年、著者は再び村へ向かう。短いエピローグだけど、とても印象的。彼らと僕を隔てるものは何か。
写真集、海人も観る。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月07日

ドキュメンタリーは『ヤノマミ』以来、読みました。
これも素晴らしかった。
とても私にはいけない所へ、膨大な時間を費やしてのこと。
自然と、そこに生きている鯨、人。
厳しく残酷で、改めて命を奪って生きていくことについて
考えさせられました。
それと同時に文明が進んで、「便利になること」
「安易に手に入...続きを読むれること」によって、忘れがちになってしまうことについても。
人は時々、立ち止まって、人類もまた地球上に生かされている
生物の一種でしかないことを、肝に銘じるべきな気がしました。

近く、写真集もぜひ、みたいと思っています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月08日

インドネシアの辺境で銛打ちで捕鯨する人々を追ったノンフィクション。漁をする様は激しく、人々の生活は優しい。自然と調和して生きてる中にも文明は入り込んでくる。命や生きる事とか何が幸せなのか考えてしまう。とても興味深く面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月07日

「"ラマファは自分のためだけじゃない。貧しい人、夫を亡くした人のために鯨と闘うんだ"と。これは先祖代々続いている教えなんだ」p.128。Twitterで「すごい本に出会ってしまった。雄弁な写真を撮る写真家ほど、その写真に匹敵する文章を書くの法則」とつぶやいたら、著者からフォローさ...続きを読むれてびっくり。うれしがって、リフォローしました。笑。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月05日

骨太なルポ。文章も活きていて面白かった。
長い間受け継がれて来た伝統も、その後の状況の中で変わっていかざるを得ないのが複雑な思いに。
写真が少ないのが物足りないが、それは写真集で。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月30日

日本人カメラマンが、鯨漁で生計をたてる、インドネシアの一漁村に密着取材したもの。何より漁の方法が凄い。手漕ぎ船で鯨に近づき、飛びついて銛で突きまくるだけ。そして15メートルのマッコウクジラを仕留める男達!
マタギにしろ漁師にしろ、狩りには生活のため以上の何か、「エンターテイメント」としての存在理由が...続きを読むある事を再認識できる。
「過剰な捕獲」「過剰な保護」は決してベターな選択ではない!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月28日

インドネシアの捕鯨の民・ラマレラの生活や漁を、実際に船で追って写真に収めた筆者が書いたノンフィクション。再訪の際の変わりつつあるラマレラを見ると、勝手なのだろうが、複雑な気持ちになった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月20日

インドネシア東ヌサテンガラ州レンバタ島。日本から運が良くて最短3日の旅程を要するこの島で、プレダンという小さな帆船と銛一本でマッコウクジラ漁を獲る人々がいる。7年に渡る取材によってその勇猛果敢な姿を捉えたドキュメンタリー。日本の捕鯨にもかつてあった相互互助の社会システムなど、興味深いものがある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月28日

確か『週刊ブックレビュー』で紹介された本の再読。
こういうのを読むと捕鯨にまつわる所謂先進国の主張はちょっと浅いかなと思ってしまう。自然の中での厳然たる生命連関に声を挟める資格のある者などいないかと。
ただこの島にも時代の波は押し寄せており、結局は西洋の論理に飲み込まれるのかも。でもキリスト教を巡る...続きを読むしたたかさで上手くやるのかもしれないな、そこに生き、生かされる島人は。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月19日

「すべての生き物は生きるために他者の命を奪う。それは殺戮ではなく、命の循環であり、尊い命の営みなのだ。」 ラマレラ村の人々は、鯨を必要以上に獲ったりはしない。だから、命の営みと言えるだろう。 だが、これまでに人は必要以上に乱獲し、多くの種を絶滅に追いやって来た。今も同じ過ちを繰り返しているのかも知れ...続きを読むない。 それにしても、本書に掲載されている写真のなんと対称的なことか。鯨漁に挑むラマファがプレダンから飛び上がり今にも鯨に銛を突き刺そうとする迫力ある姿。もう一方には死に瀕した虚ろで悲しそうな鯨の目。

このレビューは参考になりましたか?