【感想・ネタバレ】22XX(8件)のレビュー

レビュー

Posted by ブクログ 2017年03月10日

22xx、食べるという行為は生をつなぐこと。世紀末に愛されて、ノアの方舟に乗れるのは真実の愛を見つけた者だけ。夢のつづき、お金がありすぎて常識も愛も知らない少女。8月の長い夜、大学の地下で人体実験。全作SFの短編集。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月31日

ジャック単体の主演作品だが
J&Eシリーズとのかかわりは不明。
おそらくパラレル(Jはよく他作品に出るため。)

清水玲子以外の何物でもないといえる。
そして今回は救いの部分が少ないため
読後どうしても落ち込むが、必ず心に何かが残る傑作。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月04日

これ小学生のときに大好きでした。中島らも「恋するΩ病」と合わせてわたくしの恋愛感に影響をあたえた作品

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年08月14日

短編集なんだけど、タイトルになっている「22XX」がとても好き。
とてもいろんなことを考えさせられる。
初めて読んだときは、自分の左手、じーっと見ちゃったよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年03月08日

これたまらないです。私の清水玲子の1冊もの(?)のなかではMAGICと1位を争ってます。ルビイのひたむきな姿に心打たれます。最後はジャックに感情移入しまくり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月26日

『竜の眠る星』のジャックが主人公のスピンアウト作品。ジャックはエレナと出会う前、未開拓な星に赴く賞金稼ぎを生業としていた。ジャックは元々自分が「ロボット」であると知らないで生きていたロボットだった。破壊工作員をしていた際に、捕らえた仲間と放置され、残り少ない食料を分け合った為に、ロボットであるジャッ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月06日

表題作の22XX、そしてMAGICや秘密の第一話…清水玲子はSF短編の名手だと改めて思う。

食べることは生きることだ、とするならばジャックは生きることを拒否しているのだ。彼にはいつも罪の意識があるから。しかし生きることは食べることではないから、ジャックは生きている。生きていられる。罪を心に抱いたま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月06日

表題作の22XXは、少女マンガであり、かなりの正統派SFであり、力作。

食べるという行為に対しての違和感、生理的な違和感がテーマになっていると思う。その食べるという行為の残虐性と、生きるということ、愛するということが三重写しになり、物語はより深さを増していく。

今度、「竜の眠る星」というのも読ん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?