【感想・ネタバレ】美ら海、血の海のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年08月09日

真夏に読んだけれど、クーラーの効いた快適な環境で読んじゃいかんなと思った。終戦記念日前後のTVの街頭インタビューで高校生か大学生ぐらいの子が「(かつてアメリカと戦争をしたと聞かされて)アメリカと戦争なんてするわけないじゃないですかあ!」なんて明るく答えているのを見ると、沖縄のことなんて観光地ぐらいに...続きを読むしか思ってないんだろうなあ、米軍基地が多くある理由も理解してないんだろうなあ、小学校で英語やらプログラミングやら教えるよりも現代史をきちんと教えるべきなんじゃないのかなあ、と思ってしまう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月23日

戦時中の沖縄の状況が手につかむようにわかる作品。描写が生々しくてぞっとするけど、そこがまたいいんだよな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月18日

戦争の悲惨さが伝わる。戦争も震災も、忘れてはならない大事な記憶。忘れないように生きようと、何度目かの決意。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月21日

池上冬樹の解説にも書いてあるように「まさか馳星周の小説を読んで泣くとは思わなかった」。

東日本大震災の被災地、石巻。そこから物語が始まる。大津波に襲われた石巻の風景描写…読み始めてすぐに泣けてきた。東日本大震災の直後に両親の安否を確認するため向った沿岸の町…全てが津波で流され、大きな船が打ち上げら...続きを読むれ、瓦礫に覆われた道路…虚ろな表情で歩く人々…余りにも強く残る人々の生活の痕跡…あの光景が頭の中に蘇った。

そして物語の舞台は終戦間際の沖縄へ。あの悲惨な戦争と東日本大震災がオーバーラップし、ページをめくるたびに涙がこぼれる。本土に見捨てられた沖縄…その中で必死に生きる14歳の真栄原幸甚…馳星周の小説を読んで泣くとは、本当に思わなかった。

タイトルから想像するに馳星周得意のノワール小説かと思ったのだが、意表を突かれた。やられた…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月29日

日本で唯一地上戦となった沖縄。
沖縄線では兵士、島人関係なく銃撃を受け、多くの人が命を落とした。
また日本兵は島人より食料や壕を奪った。
そして生き残った島人たちもお互いにそうするしかなくなっていく。
みんな生きることに必死だった。
戦争は人の命だけでなく、心までも大きく蝕んでしまった。
憎しみを生...続きを読むみ、残酷さを露にさせた。
沖縄には深い哀しみがあることを、私たちももっと知るべきだ。

2014.6.29

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月30日

何を 
何を言葉で表せばいいのだろう。
どの感情が私の中には流れているのだろう。

言葉が、一つ一つが、
重く、何かを残していく。
しかしこれは生きた声ではない
「字」を通して伝えられたものだ。
しかしこれはフィクションではない
「字」を通して人から発せられた生きた言葉なのだ。

矛盾しているだろう...続きを読むか。
これが戦争を知らない
私達に必要な体験なのだとすれば
私達は避けずに受け止めなければならない。

でも、
でも…
受け止めた後、その後
どうしたらいいのかがわからない。

確かにそこに現実があった。
しかし私の今、目の前にはない。
確かにその場所は今もある
けれどそれはもう違う場所となっている。
わからない。
「わからない」と考えることが必要なのだろうか。

悲しい
惨い
酷い
辛い
苦しい

どの言葉もあてはまらない
しかしどの言葉でもあてはまる
それら全ての言葉を含んだ
「戦争」
という言葉の重みを知らなければならない。

沖縄というまさにその土地で
読むことができて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月14日

私自身幾度となく沖縄を訪れ多くの戦争遺構を見聞きして回ることで当時そこで行われていた異常な世界を人並み以上には認識していると思うのだが。
しかしそんな知識の端くれがあったとしてもたった14歳の鉄血勤皇隊の少年の目を通して見る地獄絵図にはやはり驚きは隠せず戦争の持つ狂気に忿怒の言葉さえ見失ってしまう。...続きを読む
特に仲間の命の為と言え同胞の老人子供に拳銃を突き付け食糧を強奪するシーンは生々しくここまで追い詰められながらも本土の防波堤となり犠牲になられた沖縄の人々には感謝と共に哀悼の意を捧げるしかない…合掌

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月15日

馳星周の戦争小説は、新たな世界のようで、実は暴力や血という共通点からすれば馳星周ど真ん中のジャンルであることに気づきました。

ノワール作家と言われる馳星周が戦争を描けば、現代における複雑な暴力を超え、戦争による圧倒的な絶望や悲しみが深く描写され、何故今までこのジャンルが出なかったのかとも感じました...続きを読む

馳星周の沖縄への思い入れはどれほどのものかはわかりませんが、本書を踏まえてさらに『弥勒世』が活きるという沖縄の歴史の積み重ねを感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月09日

戦争の話がメインだけれど、311の震災ともリンク(震災の描写はほんのちょっと)している。
震災とリンクして、話が切り替わる箇所がわかりにくいが、文章はうまい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月24日

沖縄戦の、太平洋戦争の悲惨さが心に響いた。
有り体の言葉では表現できない、戦争の非情さが克明に描かれている。

これまで多くの戦争ものを読んできたが、『永遠の0』に次ぐ大作であると感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月22日

吉村昭の「殉国」は軍国主義を中心として描かれていたが、この「美ら海、血の海」は反軍思想が中心だ。しかし、題材は同じなので、悲惨な沖縄県民の末路に心を打たれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月01日

作者の新たな境地だろうか。
作者得意の暴力性が見事に戦争の理不尽な悲惨さを描くのに結びついた。
しかし、戦争をテーマにした作品はあまたある。
今この作品で改めて胸をえぐられるというものでもなかった。
いい作品だとは思う。
しかし、いつもの馳から脱却を果たそうとするのなら、まだ更なるものを期待したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月16日

東日本大震災発生から3日後、石巻に入った老人・真栄原幸甚は眼前の惨状に、60数年前、戦時下の光景を思い出す。1945年、日本は敗色濃厚。14歳、沖縄一中の生徒だった幸甚は、鉄血勤皇隊として強制的に徴用される。ついに米軍は沖縄へ上陸。激しい砲撃・爆撃に本島南部への撤退を余儀なくされた日本軍の道案内を命...続きを読むじられ、あまりに苛酷な地獄を見る。慟哭の沖縄線が胸に迫る著者初のオリジナル文庫。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月29日

震災後大きく変化された氏の著作。その新作風がもっとも顕著に現れた一冊と言えるのではないか。Noirさはない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月06日

本土の捨て石となった沖縄、地震と津波に犠牲になった東北。
数多くの犠牲者をつくり、人間の尊厳を失わせた瞬間。
自然が生んだ災害と人間が作ってしまった地獄。
今こそ、我々が平和を語りましょう。

このレビューは参考になりましたか?