【感想・ネタバレ】カジムヌガタイのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年12月30日

いわゆる「センソーのヒゲキ」を描いた作品、ではあるのだけれど、あまりこういうジャンルに馴染みがないと、「えっ、ウソっ!」ってエピソードが続いて驚かされる。身近な人が亡くなるとか、貧しい生活を強いられるとか、米兵に殺されることに怯えるとか、そういうことではない、決してそういうことではない! 背筋が凍る...続きを読むような“実話”の数々に腰を抜かしそうになる。そして同時に、「沖縄」という、47都道府県で最も数奇な運命を辿ったこの島を、土地を、改めて実感させられる。
これ読むと、やっぱり「cocoon」とか軽い、ぜんぜん軽い……。大きな力に、流れに、自分を打ち捨てて狂ってしまう恐怖を描く短編選。月並みな言葉ですが、もっと読まれて欲しいです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月29日

 2001年の9.11事件を契機に、毎年8月沖縄のなきじんキャンプ場をお借りして、沖縄YMCAと合同で「わんぴーすキャンプ」を行っています。こどもたちが沖縄を好きになり、その沖縄が持っている「戦争・平和」という課題を共有することで、「ひとりひとりが平和のひとかけら」になることが目的です。しかしながら...続きを読む、行かせていただくたびに想うのは、いかに私が何も知らないかということです。沖縄の言葉に「肝苦しい」という言葉あるそうです。これは、他者の苦しみを思う時、自分は断腸の思いを感じるという意味だそうです。感じる、知る、変革される、行動する、そんなプロセスを経ていくためにも必読の1冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月26日

私がこれを読んで、
どう言葉に綴ったとしても、嘘なかんじがしちゃうんですよね。

私は、どうやっても沖縄人ではない。というのが最大の要因です。

沖縄の人が嫌いでは無いし、だからこそ思うのだけれど、
なぜに沖縄は日本の一県であり続けるのだろう?

江戸まで時代を遡るまでも無く、あまりにも多くの犠牲を...続きを読む未だに、
払い続けながらも大和に何の連帯感を感じるのか・・・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月19日

(少なくとも)沖縄にとって、敵はアメリカだけでなくて、日本人もまた敵だったていう戦争の狂気、
内地/島の境界は、戦後処理だけでなくって、ここから根差してて、そんなのにわれわれが「沖縄きれーしまんちゅとかイイー海ー」とかバカみたく観光&よい面しかみないって、沖縄の人たちは、国だけじゃなくって日本人みん...続きを読むなに怒ってもいいくらいなのな。

背けたい視線、しかし、それと戦争いきのびた「私の」先祖も、沖縄の人を、アメリカ人を、中国人を、殺したやもしれないって

このレビューは参考になりましたか?