【感想・ネタバレ】手術は、しません―父と娘の「ガン闘病」450日―のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年10月22日

私は団鬼六さんの著書を読んだことがないけれど、鬼才なんだろうなとは思っていました。
この本を読むと、生きることを最大限味わい、愉しみ、書いた人であることがわかる。そして愛すべきステキなキャラクターだったことがわかる。透析とガンに蝕まれながらも、病気と共存していく、「死ぬまでは生きてるよ」その言葉その...続きを読むままの人生に乾杯です。

このレビューは参考になりましたか?