【感想・ネタバレ】デス・スウィーパー 1巻 のレビュー

書店員のおすすめ

『ホットマン』のきたがわ翔が描く遺品整理・特殊清掃の世界。自殺、孤独死、殺人…。不本意な状況で亡くなった人々の部屋を清掃する清掃員たちの姿を描く。
物語はそんな特殊清掃の世界に、兄の死をきっかけに飛び込んだ主人公・裕行の視点で進んでいく。
次々と目の当たりにする想像を絶する過酷な現場。昨今、核家族化が進み、多くの人々が身近に死と直面する場面が少なくなってきている。ましてや朽ちた死体を見ることなんて無いに等しい状況である。
しかし日々どこかで必ず死の現場は存在し、それを何事も無かったように淡々と元どおりにする仕事に裕行は葛藤していく。
きたがわ翔の美しい絵が物悲しさとともに、普段目にすることのない世界をドラマチックに描いている。

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年11月26日

知られる事がない裏の仕事。読む際は、注意。
部屋で亡くなった人の悲惨な現場を生々しく描いてます。
死体などは、2~3体しか出ませんが
気持ち悪くなります。
病死、事故死、自殺
生で溢れている世の中、死を考えさせられる作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月06日

特殊清掃人(腐乱死体跡清掃人)の話。
作者が実際にその手の会社に取材しているため、作業や話などは事実に近く、とても興味深い話だった。
人の死、生、そして死に対する恐怖。
キレイゴトだけではない、いろんなことを考えさせられた。

すごく面白かったんだけど・・・4巻最後あたりからおかしくなる。
いかに決...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月07日

生と死と死体とその処理という興味のあるジャンル?職種?のお話で面白かった。続きが読みたいんですけど、5巻以降は出るのかな…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

最終巻までが面白い作品

ルック 2014年12月07日

生と死をテーマにして死体清掃業を扱ったとても面白い作品。
最後の打ち切りend以外はとても面白く読めました。
1~3巻の空気で話を進めて欲しかったと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月18日

まさしく衝撃!!の一言。
これは、確かにそうなるんだよね・・・。
風呂のシーンは吐くかと思いました・・・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月20日

某有名ブログが元ネタ?
ワケアリ「特殊掃除屋」さんのお話。

ストーリーも絵も安定感があり、読みやすい。
まぁ、きたがわ翔だし。
グロ込みなんだろうけど、あまりそれも感じさせず…って自分がその辺は疎いだけかもしれないけれど。

主人公の男子が兄の孤独死をきっかけに「掃除屋」稼業に飛び込んで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

気になってはいたけど最近ようやく購入
昔は結構きたがわ作品読んでたけどすごい久々だなあ
内容が結構ハード?なのであまり人には薦められない作品だけど期待大
ちょうど良く今月新刊出るそうでwktk

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月14日

特殊清掃のお話。
腐乱死体の後始末的な・・・

グロイですよ。苦手な人は読まない方がいい。
風呂場のはやばかった。

こーゆー仕事があるという事を知れたのは良かったかなと思う。
生と死・・・深いな。

ただ、死体の冷凍保存?
その辺から、面白くなくなったよ。
ラストも中途半端過ぎる終わり方だしー!
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月06日

何か読んでて肩凝った。
それが読書中の姿勢の所為なのか深夜に読んでる所為なのかはたまたお腹すいてたからなのかはわからないけど。
明日も一寸先も生きてる100%の保証なんてない。
むしろ私達が生きているのは奇跡に近い事だと思う。
だから日々毎秒感謝して生きていきたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

普通につまらなかった

222 2015年11月15日

テーマは面白いけどリアリティが無くて、キャラの心情や台詞や動きが大げさな舞台劇とその役者みたいな印象。1巻で終了かな。

このレビューは参考になりましたか?