【感想・ネタバレ】スティーブ・ジョブズ 失敗を勝利に変える底力 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年01月15日

現在でこそ『ここ10年間で最高のCEO』『今世紀最高の経営者』という名前を恣にしたスティーブ・ジョブズですが、彼がそこに至るまでは超ド級とも言える数々の失敗の果てにあるのだという事を思い知らされます。

CEOを引退して伝説の経営者となり、ここ10年で最もすばらしいCEOという賞賛をほしいままにし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月19日

・油断禁物
一瞬の成功に酔いしれてはいけない。成功を手にした瞬間には、次の目標に向かって再び歩み始めろ。さもなければ成功は一瞬のきらめきで終わり、世の中から忘れ去られる。 成功の余韻に浸る時間が長ければ長いほど、より大きな失敗が口を開けて忍んでくる。
・ジタバタするな
人生では何をやってもうまくいか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月12日

自分が落ち込んでいるときに読むと勇気がもらえる本!
日本には、どうしてITに強い人材が生まれてこないんだろう。
生まれようとしても組織に角においやられるんだろう。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月13日

ジョブズの破天荒な人生の一端を紹介。経営者としてどうなんだろうと思うところもありつつ、偉大な人はこのくらい変人さがあるのだろうかとも思ったり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月27日

ジョブズの失敗に注目した本。失敗して、反省するのかと思えば、頑なにスタンスを変えなかったジョブズのストーリー。めちゃくちゃな話です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月18日

iPodやiPadが大成功のジョブズさん、じつは大失敗しまくりの人生でした。大事なのは失敗を成功の糧にすることだと。著者の偏見か不明だけど、ジョブズの非人間ぶりに、「ジョブズみたいな人とは一緒に仕事したくないな」と思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月17日

母体胎児専門医試験を受けて打ちひしがれて帰る時に、一気に読んだ本。
「徹底的にやって失敗しろ」
「成功をつかむ失敗と失敗で終わる失敗」
「地道な努力を飽きることなく続ける」
今の心に染みた言葉・・・
ジョブズに限らず、けた外れの成功を収めた人物たちは、たいてい同程度の失敗を経験しているよね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月17日

感情で経営を推し進め相手の立場を考えずに行動する、
そんな破天荒なジョブズがアップルコンピュータ設立後、どれだけの
失敗を繰り返しそれをどう乗り越えたか、そこからの教訓を学ぶ。
(こんなに荒い人だとは知らなかった・・)

その教訓から学んだことは、時流を待つこともビジネスにおいて意外な
効果をもたら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月26日

いろいろな感想はあるけれど短めに。

まず、ITMSでビートルズの配信がされるようになったことが
本当にどれだけの歴史的な出来事か理解した。

コレ読むと、昔のいわゆる「Macintosh」って
ジョブズの人柄をそのまんまハードにしちゃったような印象を受けた。
あまりMacもジョブズも詳しくないので...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月23日

失敗するなら徹底的に

事後分析

とんでもなく大きな開き直り

ジョブズの数々の敗戦が、テンポ良くつづられている。さらりと読めるが心に残った。

このレビューは参考になりましたか?