【感想・ネタバレ】101号室の女のレビュー

値引き価格 423円 (税込)
通常価格 605円 (税込)
3.8
6件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

ミステリー短編。全9話。


いいよ、いいよ、折原一!!叙述トリック最高!!なんともおどろおどろしい話も好きだし、どんでん返しっぷりも圧巻。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

折原さんの本は、初めて読みました。
全9編の短編集。
いや〜〜〜〜
思いっきり踊らされてしまいました(笑)
面白い!!
どれも、どっぷりと引き込まれてしまい
一気読み!
あっという間に完読♪

他の本も読んでみたい。。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月19日

短編集です。
折原先生の作品はある意味で既にネタバレになってしまうのですが、それでもかなり驚かされるパターンの話があって大変面白かったです。
どの話も面白かったのですが、表題作が1番インパクトありました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月21日

被害を受けた側が実ははめた方だった・・・というようなどんでん返しの展開で終わる話が多い。1パターンといえば1パターンなのだが、こういう話は嫌いではない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月23日

いわゆる「叙述もの」ばかりを九編集めた短編集。表題の作品は、ヒッチコックのサイコのような雰囲気をもった作品である。

短編集を作る時というのはどうしてもそうなってしまうのだろうけど、似たようなテイストの話が多くて一気に読み終わると「タイトルを見ても内容が思い出せない」ということがよくある。この作品も...続きを読むそんな感じで、だいたい出てくるのが悪女で、謎自体も登場人物がで終わるくらいでわかってしまって・・という感じで、気がつけば淡々と読み終わってしまった。

ミステリーとしての完成度が高いという感想もあったけど、どこかで見たことがあるモチーフが多いので、途中で謎がわかってしまうのが難点。雰囲気が暗い話が多くて、夜に一人で読むには楽しいのかもしれないけど、本質的にこの著者は長編の方がむいているんじゃないかな~と思う。・・・ところでこの本もなんで読もうと思ったのかは、全くの謎のまま。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年12月27日

10年くらい前、こういう作風が流行ったなぁ、と感じる短編集。
懐かしいというよりも、語り尽くされてしまった感が拭えない。
あの頃は最先端だったはずなのに。

このレビューは参考になりましたか?