【感想・ネタバレ】会社のデスノート トヨタ、JAL、ヨーカ堂が、なぜ?のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年08月09日

2011/08/09
興味深い。
著者がいうようにいろいろ省いて簡略化しているから、もう少し複雑系の話もぜひ知りたいな。
長期所得弾力性はビジネスにおいて超重要ですね。
「カーライル」の時もそうだったけどこの方の著書はすごく面白い。知識?経験?から裏打ちされた話術なのか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月04日

間違った戦略を書き込んだ企業は死にいたるデスノートをコンセプトに、死にいたる戦略とは何か、つまり企業が企業が死なないためにどのような戦略を練っていけばいいのか、ということを提言されています。

所得弾力性やら、価格弾力性といった経済用語も分かりやすく解説されていて、経済学のこととか全く知らない私でも...続きを読むちゃんと理解できたし、提言される戦略についても非常に分かりやすく納得感のある内容でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年06月01日

読みやすい!分かりやすい!!
一気に読める!!!

現況の経済を知るには、
うってつけの書籍だなーと思いました。


「原典回帰」。
著者の造語のようですが、
なんだか分からなくなったときこそ、
一番根っこの部分に立ち戻る・・・

まさに、これだと同感いたしました。


サブプライムショックのトヨタ...続きを読むの状況
もう一つのリーバイス
セブンイレブン エフェクト

などの項目が勉強になりました。

また、その他にも・・・。

今後、手元においておきたい
辞書のような書籍でした。

2010年6月1日

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月12日

本が発売されたのがちょうど、サブプライム問題が落ち着いてきたころ。2014年度末になってみて、予想通りなのか自動車業界はトヨタを筆頭に株価はV字回復を実現している。著者は、日本が今後繁栄するには、サービス業(どのようなものかは、本書参考)が発展する以外には無いと宣言している。早めに先行投資しておきま...続きを読むしょうか…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月11日

ミクロ経済学、特に価格弾力性に着目して、様々な産業の本質に切り込んでいる。題名を見てアレ本かと思いきや、かなり良書。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月16日

経済成長のために必要なことというマクロな視点と、ビジネスの生き残りの方程式という2つの切り口を平易な文章で解説。特に、価格弾力性について考えるうえで一読の価値あり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月06日

実際の存在する会社とその経営状況をあげつつ、企業の戦略や戦術を解説しています。キーワードは「価格弾力性」ですね。ほかの見方も解説していましたが、基本的には「価格弾力性」をベースに話が展開されます。
あるいみ、顕著な例を取り上げて説明されているので、わかりやすい内容になっていると思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月20日

タイトルはやや釣り。売る気なくつけるなら、「はじめてのマクロ経済」。それでも良書。わかりやすくも大胆に簡略化したトヨタ・JALなどの実例を交えてのマクロ経済解説本。ブルーオーシャンだのイノベーションのジレンマだの言う前に、こういう基礎を身につけなきゃだね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月30日

労働集約的な「軽サービス業」ではなく、資本投下(ITシステムも含む)が必要な「重サービス業」を日本は目指すべき、というのが興味深い。問題は「重サービス」にきちんと金を払う人がいるかどうかという気もする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月09日

読みやすくて、ユーモアに富んでいます。経済のお勉強になります。間違った戦略を描き込んだ会社は死んじゃいます。うちの会社は大丈夫かしら…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月16日

成長に必要な意思決定は?

→コモディティ商品は、どうすれば付加価値を上げられるか、そしてその結果価格を上げられるかを考えることが必要
価格決定において、価格弾力性が1より大きいか小さいかが重要

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月21日

デスノートとはあのデスノートでしょうけど、ノートに書かれた会社の名前ではなく、デスノートにあるルールに焦点を当てています。「所得弾力性」「価格弾力性」と言ったデータに注目して、リーマンショック後の需要について説明されているのは、なかなかおもしろかったです。

トヨタ、JAL、ヨーカ堂が、なぜ? と言...続きを読むうのが副題にあるけど、いずれもピンチになったとはいえ、現に生き続けている企業です。大きな企業はデスノートに書いたくらいでは死ぬことはないのかもね(^^;

一番の注目は、経営者は先に読むことはできるのか、、と言うことが期待する内容でした。説明は分かりやすかったけど、この本が書かれた後のトヨタやJALの状況までは・・・。先が読めても何があるか分からないのが経営でしょう。でも、100年に1度の危機と言うのは、これからも当然起きると言うのは納得。そもそもグローバル化した経済では、従来の地域に閉じた経済とは違った波が来るのは当然で、100年に1度なんて言うのはネットの世界で言えば、常に起きちゃうほどの激変の時代がこれからリアルで来るのでしょう。

このレビューは参考になりましたか?