【感想・ネタバレ】人生心得帖のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年11月05日

今回初めて松下氏の本を読んだ。
共感できるところが何カ所もあった。
今後もたまに目を通したいと思う一冊

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月13日

研修の課題図書。松下幸之助侯の人生観、人間観を述べた書であり、非常に感銘を受ける。繰り返し読むべき書のひとつ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月07日

三年前に読んでいたのを再読。読んでいて優しい気持ちになれます。簡単にスグに読み切れちゃうボリュームなのでオススメ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月08日

「人間には、本来悩みはない。もし、悩んでいるとすれば自分がとらわれた見方をしているからだ。」

どんな時でも、
心を開いて真っ直ぐに物事を感じたい!
どんなに辛くても。どんなに幸せな時も。

松下幸之助さんの、素晴らしい本!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月08日

微妙で複雑な人生。
考え方一つで変わるものです。
この本は、
「感謝する心」「誠意と熱意」など、28のトピックに関して、松下幸之助さんの哲学というか、人生観が示されています。

どれも心を打たれる話ばかり、何度も読みなおそうと、ふせんをはって読みました。
小さくてすぐに読み終わる内容ですが、奥が深い...続きを読む一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

人生心得帖

その名に恥じぬ
すばらしい書です

非常にいい事が書いてあります
案外誰もが知っていることで
あったりもしますが
わかってるようでわかってない

そんなこを気づかせてくれる話ばかりです

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

装丁も渋く、中身も渋い。
人生を生きる上で大切にしたいことが多く書かれています。
人に愛され成功する。
それって、当たり前のことを着実にすることで。
決して簡単ではない。
でも、そうすることができれば、素敵な人生を歩めることは確実なのだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月05日

・人事を尽くして天命を待つ
・成功とは成功まで続けること
・【自己観照】自分自身を他人に接するような態度で外から冷静なか観察してみる。客観的に自分を見つめる。
・不平不満に終始する姿からは、建設的なことは決して生まれない。
・今という時は、この瞬間しかない。この一瞬一瞬を精いっぱい生きる積み重ねが、...続きを読む充実した人生をつくり、若さを生み出す。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月29日

松下幸之助さんの本を初めて読みました。
今までに読んだ経営者の方々の本の中には必ずと言っていいほど出てくる松下幸之助というお名前。
松下電器の創設者ということが知ってはいたけれども、この本を読むまではやっぱり私のような凡人にはできないような生き方をしてこられたんだろうと勝手に思っていました。

でも...続きを読む、この本を読んだら松下幸之助さんに対するイメージががらりと変わり、みなさんがなぜこの方を目指したり、ロールモデルとするのかが分かりました。

文章がまったく難しくなく、すっと心に染み入ってきて、自分の今の状況や考えを省みるいい時間でした。

最近、人生で悩んでいる友達がいるので、この本をプレゼントしようと思うそんな本でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月13日

現パナソニックの創業者。
本書は90歳になられようとした松下幸之助さんが、
書かれた人生訓です。

書の一文字一文字に深みを感じました。
さっと読めますが、何度も読み返したいそんな1冊です。

本書の中で、私が気に入ったのは、
 人生のうち80%~90%は運命である。
 残りの10%~20%の人事の...続きを読む尽くし方により、
 その運命の輝きが違ってくるという
考え方です。

そう考えれば、人が人らしく、
それぞれが納得のいく人生を歩むことができるのかもしれない
と感じたからです。

松下さんの本はあまり読んだことがないですが、
他の本も読んでみたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

平易な言葉で、一見当たり前のように思えることが書かれている。しかし、そこに幽玄ともいえる奥深さをかもし出しているのは「松下幸之助」だからだろう。誰でも理解できる言葉なだけに、まっすぐに、素朴に胸を打つ。打たれた胸は疼くように発熱する。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月22日

9歳で奉公に出され、幼いうちから商人としての躾を受けたことで商売のコツを掴み、体が弱かったことで人に頼んで仕事をしてもらうことを覚え、学歴がなかったことで常に人に教えを乞うことができた・・・。多くの人が「できない理由」にしてしまいそうなことを、すべて「できる理由」に変えている。見習おう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月22日

平易な文書で真理をついた内容を表現しており、さすがの一言に尽きます。

ただ、著者に対する期待が大きかっただけに、ちょっと物足りなさを感じました。「あるある」的な内容ばかりで、「目から鱗」的な発見や驚きがないように思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

大切なことが徒然と書かれている。
「〜と思います」口調なので、もっとずばっと断定的に書いてくれたほうがいいのだけど、それが松下幸之助の謙虚なところなのだろう。

内容は素晴らしく、感銘を受けた。

縦の罫線が書かれているのはなぜ?
読みにくい。

このレビューは参考になりましたか?