【感想・ネタバレ】明日の約束 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season IIのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年09月07日

セカンドシーズンの2巻目突入です!
今回もあまり進展はありませんでしたが、どんどんかれんと勝利がお互い成長していく姿が良かったです。
最後、勝利に何かあったようなのが、すごく気になるので、はやく先を読みたいと思います!
マスターと由里子さん、良かったです。かれんも言っていたように、自分の血が繋がった...続きを読む家族が増えるっていいことなんだろうな…
あと今回もマスターの言葉がストンと心の中に入りました。私には兄弟がいないので、よくわからない感覚もありましたが、友達とかを見ていて、兄弟で比べられるとよく聞きます。確かに平等じゃないですよね…でもだからこそ、個性が生まれるかもしれないですよね。みんなちがってみんないい。小学生の時に標語だったような気がします。
このシリーズは、本当にあまり話が進まないけど、大切なことを教えてくれる本だなとつくづく思います。
また次も読みます!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月19日

毎年、私の夏はかれんとショーリで始まります

2人の関係が何だか和やかで、こっちまでまったりな気分。

ずーっと年上のお兄ちゃんのような存在だったショーリと同じ学年に成ったのかな?それでもやっぱり、私はショーリをいつまでも追い抜けない気がする

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月17日

【マスター】
「世の中ってのは不公平なもんだ」

「人間は平等だなんて言われるけどな、俺はそうは思わない。世の中には、初めから人よりも多く持って生まれてくるやつがいるんだよ。なんていうかこう、神様にとくべつ愛されてるみたいなやつがさ。そういうやつには、並の人間は太刀打ちできない」

「だいたい、人間...続きを読むは平等でなきゃなんていうのはあくまでも、『チャレンジの機会だけは平等に与えられるべきだ』という意味であってさ。結果が平等であるはずはないんだ。結果はむしろ、不平等でなくちゃおかしいんだよ」

「でなけりゃ、競争に意味なんかなくなる。そうすると、努力の意味までなくなっちまう。」


マスターの、心をつかむ言葉でした。
俺にはつまり、「機会は誰にでもあるから安心しろ。でも、その機会を使うか、放棄するか、努力するか、努力しないか、そこが重要だ」と言ってくれている気がしました。


ちなみに、誰かと自分を「比較」される。
これほど嫌悪感を抱くものはないと思う自分に気づかされました。

やはり自分は弟なのだと。

でもこの気持ちは消えないけど、そのおかけで今の自分があるってことも事実みたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月22日

いつのまに、彼女はここまで凛ときれいになったんだろう。久々に二人で過ごす休日、「おとなの女」になったかれんに愛しさが募る反面、焦りや不安を感じる勝利。ひとり東京に戻り、一緒にいられない理不尽さに悶々としている頃、大家の裕恵さんの義理の弟が帰国する。一方、「風見鶏」のマスターの身辺も慌ただしくなり・・...続きを読む・。

丈には丈の悩みがあり、マスターにはマスターの人生があり・・・それぞれの想いが交錯するこの巻は、今までのシリーズに比べればかなり落ち着いた雰囲気ではあると思う。
個人的には、由里子さんが妊娠したとわかったときのマスターの態度がとてもかわいかったのと、かれんの同僚の桐島先生視点からのサイドストーリーがおもしろかった。たまにはこうしてかれんの本音を聞いてみると、勝利にはつくづくもったいない女性だなぁと思う。
本当に素敵な女性を彼女にしたものだと思うと、とてもうらやましい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月06日

夏はコーヒーの季節です.今回は,かれんの目線のストーリーがあって,おもしろかったです.前歯を一本折ったのがなんでなんだろう…

あと,「相談する相手は,信頼している相手だからだ」にとっても納得.こういう,あたりまえなことを文章にするって難しい.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月30日

相変わらず、素敵な作品。
読み終わった後には、「あ~、彼女欲しい(かれんのような・・・)w」
となるのはもうしょうがない。

勝利の心理描写、思考など
「村山さん、あなたは女性ですよね?なんでそんなに男の気持ちがお分かりで?」
と毎回思わされる。

来年の夏に、また期待!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月03日

珍しく(?)かれんとショーリの関係は安定しているけど、最後の終わり方が不穏な空気だったのが気になるところ。次はまた波乱が待っているのかな?桐島先生視点のサイドストーリーで描かれていたかれんの涙にぐっときた。幸せな出来事で流す涙はいいなあ……。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月23日

相変わらずちんたらして話が進まねぇ(笑)
ま、そのもどかしさも含めて楽しめよう
二人の関係も含めてね

あとがきで黒ムラヤマについてもちょっと書いてあった
黒い話はまだ読んでないけど、僕は白ムラヤマの雰囲気が好きだからなぁ
機会があったらって感じですかねぇ
ってか、このシリーズはいつまで続くのかしら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月29日

複雑な環境のなかで恋する二人の物語に夢中になって読みました。ハラハラしたり、暖かい気持ちで読めたり、と様々な場面にとても惹きつけられたシリーズの一つです。2人で新たな道を歩み始め、見守るように読んでしまうSecond Seasonです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月24日

改めて、登場人物に愛着の持てる作品だなぁと。勝利の周りには、丈やマスター、原田先輩と、勝利の良き理解者がたくさんいる。勝利にかける原田先輩の言葉は、叱っていても、とてもあたたかい。羨ましい関係。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月04日

振り返ると特に劇的な進展はなかった巻。
お互いを傷つけ合うこともなく、とても大事にしていることが伝わってきて、安心して読めた。
要所要所で深い言葉が出てきて、グッとくる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月19日

ひとつひとつの言葉や仕草が、ストーリーの中で生きていて、とても心温まる作品。
今回は、心に残しておきたい言葉が、いくつかあった。(引用)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月03日

ここまで、電子書籍ででてたので、シリーズ一気読み。
ゆっくりゆっくり進む、恋愛ストーリー。なんとなく、どういうふうにまとまるのか気になるのでまた続きがでたら読むんだろうなあというシリーズ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月25日

読む時毎回前の巻の話の内容を忘れてしまっているのは私だけでしょうか。

勝利みたいに真っ直ぐでピュアな人っていいなぁーって毎回読んでて思う。
実際にこんな人いるんかな?
まだ大学生の男の子なのに、大人びてると思うし。

特に番外編が面白かったです。
女同士のガールズトークいいよなぁ。

おいコーは私...続きを読むが高校時代に友達からオススメされて、私の方がハマっちゃって(^^)
だから私も大切な人に伝えていきたいと思います!
心温まる一冊

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月07日

世の中ってのは不公平なもんだ。人間は平等だなんて言われるけどな、世の中には、初めから人よりも多く持って生まれてくるやつがいるんだよ。神様にとくべつに愛されているみたいなやつがさ。人間が平等でなきゃなんていうのはあくまでも、「チャレンジの機会だけは平等に与えられるべきだ」という意味であってさ。結果が平...続きを読む等なんかであるはずはないんだ。結果はむしろ、不平等でなくっちゃおかしいんだよ。でなけりゃ、競争に意味なんかなくなる。そうすると、努力の意味までなくなっちまう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月30日

この巻は穏やかだったけれど、次の巻が何だか起こりそうでハラハラしてます。3人で暮らしていた頃が一番安心して読めていました。付き合っていても色々あってゴールなんてないんだな、と思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月04日

今回は、ストーリーに大きな展開はありませんが、このところ情けないところばかりだった勝利がすこし男らしさを示しています。次巻は大荒れの展開になるような予告が提示されているので、その前の静けさをえがいた巻なのかもしれませんが、たのしんで読むことができました。

セカンド・シーズンに突入して、勝利とかれん...続きを読むの関係も一歩大人に近づいたような印象を受けます。ただ、ちょっと理屈が勝ちすぎているような気もしてしまいました。

なお巻末には、かれんの同僚だった女教師の桐島先生の視点でえがかれた短編が収められています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月13日

本編は特に波乱もなく少し物足りない。桐島先生の視点で描かれるサイドストーリーは別作品である「もう一度デジャ・ヴ」のサイドストーリーともなっていて、筆者の作品全体の立体感が増して面白かった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年09月15日

いつのまに、彼女はここまで凛ときれいになったんだろう。久々にふたりで過ごす休日、(おとなの女)になったかれんに、愛しさが募る半面、焦りや不安を感じる勝利。ひとり東京に戻り、一緒にいられない理不尽さに悶々としているころ、大家の裕恵さんの義弟が帰国する。一方、喫茶店『風見鶏』のマスターの身辺もあわただし...続きを読むくなる。かれんの同僚だった桐島先生の視点で描くサイドストーリーも収録。

-----------------

今回はこれと言った波は無く、凪の海をのんびり見つめているような話だった。
ただ、最後に不動産屋の裕恵さんの義弟がオーストラリアから帰国した事。そして次回の波乱が予想されるような終わり方。(どうやら勝利は前歯一本を失うらしい)

挿入歌:Time after time Cyndie Lauper

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月17日

久しぶりに会うかれんの美しさに、愛しさを感じると同時に、焦りなども覚える勝利。
相手の成長を嬉しく思う一方で、自分が置いていかれるのではないかと不安に思う気持ち。
親相手であれば、一般的には、自分の気持ちを受け止めてもらえるが、恋人だとそうはいかない。
勝利のように、親にあまり甘えてこなかった人が、...続きを読む恋人とどのような距離関係を形成していくのだろう。
興味深い。

このレビューは参考になりましたか?