【感想・ネタバレ】風少女のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年01月26日

樋口氏らしい、いわゆる「青春ミステリ」の作品。
が、これがデビュー二作目だそうなので、
「らしい」も何も、ここから始まってるのか。

主人公の(樋口氏らしくひねくれた)大学生の男が、
里帰りするところからストーリーは始まる。
駅で偶然にも「元カノの妹」と出会うことで、
この帰省が大きく変わって行くこ...続きを読むととなる。

件の元カノは、つい最近事故で死んだと知る男。
紆余曲折の末に、実は事故でも自殺でもなく
誰かに殺されたのでは、という疑いで調査を始める。

樋口氏の特徴として、「肝心なシーンを書かない」
ということが挙げられるのではないかと思う。

いざ「誰かと対決する」ことになったとすると、
相手の元に向かうまでの心象を丁寧に描くが、
次のシーンではもう何日か経っていて、
読者は、登場人物の「その後の行動」から
対決の首尾がどうだったかを類推する。

そんな「芸風」が特徴的な気がする。

また樋口氏の「青春もの」は、女の子がいい。
ひねくれた言動をするのに根は純粋で、
ある意味「理想のツンデレ」的な(^ ^;
もちろん、この作品の発表当時には
「ツンデレ」なんて言葉は無かろうが(^ ^;

本作では、「東京からそう遠くない地方都市で
色んな意味で『くすぶってる』連中」が多く登場するが、
そのくすぶりっぷり、ひねくれっぷりの描写がいい。

地理的にも人間関係的にも、狭い範囲内で
密度の高いそんなこんなが繰り広げられていて、
良くは知らんが「地方のリアル」みたいなみのを
感じられる気がする。

もしや作者にとっては不本意かも知れないが、
ストーリーや「謎解き」よりも、
地方都市の「くすぶってる」若者の群像劇として
楽しく読ませていただきました(^ ^

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月19日

1988年に作家「ぼくとぼくらの夏」で第6回サントリーミステリー大賞の読者賞を受賞し、作家デビューした樋口有介の初期の快作の一つ。
デビュー作は主人公が高校生のカップルで、1990年に和久井映見主演で映画化されたが、「風少女」は映画化もTVドラマ化もされていないようだ。この作品も映画向きと思うのだが...続きを読む
「ぼくとぼくら〜」に比べて爽やかな映画にはならないけれども、映画で見てみたい。
というのもミステリーではあるけど、中学の同級生の女の子の死の真相を突き止めるために、考えたり行動したりのドラマが面白く描けている。主人公・21歳の大学生、斉木亮の発想やセリフ、言い回しがとても学生っぽくないとか、相方や脇の女の子がいい女過ぎないかなど、謎解きとは特に関係なくもない細かいところがとても面白い。
個人的に事件の真相とラストのところは、自分の身に起きたとしたら相当辛いけど、かりにそうなったらこのミステリーのように振舞おうというような、イカしたものなのである。ぜひ古い作品ではあるけど映画化してもらいたい。
ラストはもっとも映画的なので、映像化の場合さらにクールなカットを考えていただければいうことなし。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月03日

無神経なところはおいといて、「どうにかなるさ」ていう主人公の生き方がかっこよくて好き。
樋口作品をとことん読んでみようかな、と思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月10日

良作。
文句ない名作ではないが、シブイ良作ですね。

地方都市特有の閉塞感が良く出ていて、クローズドサークルを自然に描いている。
ただ、青春小説と思って読むと少しツマラナイ。ってかこれホントに青春小説?って思いたくなる。
軟派なハードボイルドだと思うとめっちゃいいけども。

ミステリとして...続きを読むは平凡ですが、犯人の動機に一読の価値有。
そこらへんがきっと青春小説たるゆえんなんだと思う。青くさい、とでも言おうか。

米澤穂信を昔くさくするとこうなるかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月22日

父危篤の報を受けて帰郷した斎木亮は、中学時代に好意を寄せていた川村麗子の妹、千里と偶然に出会う。
そこで初めて知った、麗子の死。
事故死という警察の判断に納得のいかない二人が、同級生を訪ね、独自の調査をはじめると…。
赤城下ろしが吹きすさぶ風の街・前橋を舞台に、若者たちの軌跡を活き活きと描き上げた著...続きを読む者初期の代表作。

樋口有介の小説にはいつだってノスタルジーのようなものがある。
「初恋よ、さよならのキスをしよう」では主人公が初恋の女性が被害者となった殺人事件について捜査をする。
同シリーズの「刺青白書」も主人公が中学時代の友人たちの不審な死について疑問を抱き調査をする話である。

そしてこの「風少女」も同じ。
久し振りに帰省した主人公、斎木亮。
中学時代にラブレターを出したこともある川村麗子が亡くなったことを妹の千里から知らされる。

あの麗子が風呂場で昏倒して溺れ死ぬなんて格好悪い死に方をするわけはないと確信する亮と千里は、中学時代の友人たちを訪ね独自の調査をする。
どんなに綺麗だろうが誇り高かろうが、人間が死ぬときはそう格好良いものではない。
ドラマや映画みたいに美しく死ねる人間なんていない。
その人に相応しい死が与えられたりするわけじゃない。
どんなに注意深い人間だって風呂場で引っくり返って頭を打つことくらいある。
まだ若い亮と千里にはそのことがわかっていなかった。はからずもその想像はたまたま当たっているわけだけど。

地味でちっとも面白い展開にはならない。
意外な真相も待っていないし、驚愕のトリックも仕掛けられていない。
そういう意味では樋口有介さんの書く物語は僕の好みではない。
ただ、それがこの作品の味になっていることも事実だ。
郷愁という言葉の似合う物語に派手なトリックは必要がない。
亮たちが知りたかったのは普通のミステリにあるような犯人やトリックや動機なんかではないからだ。
彼らはただ自分が愛した思い出を守りたかっただけなのだから。
変わってしまった旧友たちと立ち止まったままでいる自分。
この物語はそのギャップを埋めるための戦いなのだ。

舞台は著者の故郷である前橋である。
「初恋よ、さよならのキスをしよう」にせよ「刺青白書」にせよ登場人物たちは「中学時代の友人」である。
本作もそう。
なぜ「高校時代の」ではないのだろう。
著者に何か中学時代に思い入れがあるのだろうか。
それにしても樋口作品はたいてい口にするのもこっ恥ずかしいタイトルがつけられているけれどこの「風少女」というのはその中でもとびっきりだと思う。
八十年代アイドルのキャッチコピーにありそう(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月06日

終始淡々と話しが進みます。
主人公は元不良の三流大学の学生ということですが、感情の起伏があまり無く若者という感じがしませんね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月08日

読み始めてものすごい既視感。読み進めてそれは確信へ。
主人公、斉木亮という名前だけど・・・君、柚木さんでしょう? 絶対柚木さんの学生時代でしょう(笑)。

解説まで読むと、やはりこの『風少女』の設定は、のちにそのまま『彼女はたぶん魔法を使う』に始まる柚木草平シリーズへとつながる・・・というようなこと...続きを読むが書いてあり、ああ、やっぱりなぁ、と思った。
どことなく感傷的で、それでいて乾いたユーモア。どろどろまどろっこしいのに、青くさい爽やかさ。
樋口さんのエッセンスがよく出ている作品だと思う。よくも悪くも、気障ったらしくナイーブで、それでいて女の子が可愛い。主人公はヒロインに翻弄されているようで、実は亭主関白タイプだと思う(男は本音を言わない。だから女の方が勝手に腹を立てて決裂する)。

ミステリーというよりは、青春小説。軽妙な会話を楽しむ作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月14日

上州の名物といえばかかあ天下とからっ風。両方を印象的に使って前橋を舞台にしたミステリー。青春ミステリーと紹介されているが、青春ど真ん中と言うようなハツラツさとした明るさではなく、青春のほろ苦い後味と言った感じの重さが行間ににじみ出している。季節のせいなのか、舞台のせいなのか、挫折感を味わった登場人物...続きを読むが次々と現れるからなのか。その全てが理由なのかもしれないが、その重さが作品の魅力を引き出しているのは間違いない。とは言え、最後の別れは明るい青春そのもの。やるせない真相と対称的に予想される未来が、いいスパイスになっている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月26日

父親の死を聞かされ、故郷に戻った主人公は
駅で好意を寄せていた川村麗子の妹と出会い、
そこで初めて聞かされる初恋の女性の死。

死に方に納得がいかない主人公は事件を
調べはじめるが・・・。

調査の過程で再会する変ってしまった友人達。
誰がキーパーソン?

果たして川村麗子の死は殺人な...続きを読むのか?
それとも事故なのか?

すらすらと読んでしまった作品。
割と面白いと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月21日

ミステリー小説としてみるとたいした内容ではない。
ただ、青春小説として読む分には雰囲気が良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月25日

青春ミステリ。
ものすごいどんでん返しがあるわけでも、特別魅力的なキャラクターが
出てくるわけでもないが、このジャンルの小説は読んでいて安心する。

家族とのちょっとした絆というか切っても切れない煩わしさが
安心するのかもしれない。
本題とはあまり関係ないかもしれないけど。。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月27日

義父の死の報せを受けて、故郷に帰ってきた主人公。20歳の大学生。幼い頃から好きだった女性が1週間前に死んだことも知る。死んだ女性の妹と同じように事件に疑問を抱き、真相を探る。

樋口有介さんの代表的作品。
文章のあちこちから瑞々しい感性が顔を覗かせていた。
微妙な感情の動き、故郷の閉塞感などの描き方...続きを読むがうまく、著者の表現力、ポテンシャルを感じさせる作品だった。

登場人物たちの会話。ぎこちないような、それでいてしっくりしているような、ちょっと浮ついた印象。その世代を感じさせた。
学生時代。挫折と希望。今現在しか見えない者と、漠然とでも将来に目を向けている主人公との対比。同じ場所にいても、生きているところは違うのか。
1歩、自分のエリアから出ることができれば違った風景に出会えるかもしれない。読みながらそんなことを考えていた。

ミステリとしては、現在読むとさっぱりしたものにしか感じられない。しかし、主人公と同世代の読者なら、どうだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月27日

“「マフラー……」
「君がしてるといい、このつぎに会うまで」”

斎木亮と、川村千里。
内容がよかったし、この2人、楽しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

父危篤の報を受けて帰郷した斎木亮は、中学時代に好意を寄せていた川村麗子の妹・千里と偶然出会う。そこで初めて知った、麗子の死。事故死という警察の判断に納得のいかない二人が、同級生を訪ね、独自の調査を始めると・・・。赤城下ろしが吹きすさぶ風の街・前橋を舞台に、若者たちの軌跡を活き活きと描き上げた、著者初...続きを読む期の代表作。大幅改稿で贈る、青春ミステリの決定版。※林檎の木の道と大まかな設定が似ていて、やっぱり爽やかなイメージでした。読みやすい。人が死んでいるのに全然血なまぐさい感じがない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

2007/4
続けて、これもツレから借りた。
「主人公が停滞している」という理由がなんとなくわかってきた。
町田康、織田作、牧野信一あたりが好きなひとから借りた理由もなんとなくわかったような気がする。
田舎の都市の、鬱屈した気分がこごっているようすは、たいがいの人に思い当たる節がありそうに思う。

このレビューは参考になりましたか?