【感想・ネタバレ】オケマン大都市交響詩 オーボエ吹きの見聞録のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年04月30日

【library222所蔵】

のだめの監修で一躍名前を売ったN響オーボエ奏者の茂木氏のエッセイ。
氏のエッセイはどれもとてもわかりやすくて面白い。
これは氏がヨーロッパオケのオーディションを受けまくり、あるオケの正式メンバーとなるまでの顛末。
オケのオーディションの裏側、そしてまさしく「ガクタイ」...続きを読む(オケの団員のこと)と呼びたくなるようなオケメンバーの素顔、ヨーロッパの日常におけるクラシックのありかた・・・・どれもとても生き生きとしておもしろい。
これを読んだらヨーロッパのオケを直接聞きに行きたくなること間違いないなし。
それも、一流のオケでなく、地方のローカルなオケを。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月25日

モギギ先生の本は何冊か読んでいるので、本書で書かれている留学時代の話も、どこかで読んだ話も多い。
でも、成功した人の青年期の終わりの時期というのは、もちろんご本人にとっては苦難もあっただろうけれど、成熟する充実感に満ちていて、独特な美しさがある。
それは都市という舞台を意識させる構成になっていたから...続きを読むかな。

「ドブラックナーフェン『交響曲第五番ハ短調』」は、楽曲解説のパロディ何だろうと思いながら読んだけれど、どこがおもしろいのかさっぱり。
「第九のステージをウサギが舞うとき」は、やりすぎ感あり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

1981年から9年に及ぶオーボエ吹きのヨーロッパ留学の話で、東西冷戦という背景もあって大変に興味深い内容です。といっても「オレは」口調で笑い話も満載、一緒に笑ったりずっこけたり「わかるわかる!」と頷いたり。そして長い間一つのことに打ち込む人のひたむきさと美しさにはやはり自然に胸が打たれます。
特に...続きを読む最初の数年は著者が若いせいもあってかドイツ人の生意気さにどうしても我慢できずに一人孤高を保ったりするのですが、やがて
「こういう不器用さ、木訥さを持った学生たちが、決して物まねや受け売りでなく、一歩一歩着実に自分の納得のいくことだけ、信じたことだけをゆっくりと積み重ねるからこそ、ヨーロッパの芸術はゆるぎないものとなってゆくのである。自分の人格にとって、無理なこと、理解できないことでも、感性でさっとまねできたり、そつなくできてしまう日本人(おれ)の方こそ、先行き結局行き詰っていくのである」
と気付くに至る部分は色々と考えさせられたりします。
あとは長年海外暮らしをしている人の行動パターン(はるばるパリへカツ丼を食べに行ったり)など何だか思い当たる話も愉快に描かれていてその辺も親近感湧きましたー。

このレビューは参考になりましたか?