親孝行実行委員会のレビュー一覧

  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと ~ポケット版~
    最初単行本で読み、あまりにも泣きながら読んだのでいろんな人におすすめして、貸したのかあげたのかいつのまにか手元になかった。

    文庫本でまた手元に置くことにした。

    十何年も前に家を出てしまった私にできることの1番は、幸せな自分を見せてあげることかなぁと思ってはいるものの、なかなかどうしてうまくいかな...続きを読む
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    自分で考えてるより、
    自分は幸せ者だったりする。

    あたりまえだと感じていることは、
    案外あたりまえじゃなかったりする。

    そんなものだと思う。
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと ~ポケット版~
    仮に親が現在60歳とすると…
    20年×6日間×11時間=1320時間=55日間
    という帯にやられて購入。
    まずおばあちゃん、おじいちゃんにできるだけ会おうと思った。
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    自分を産んでくれた両親へ
    人の一生には限りがあって
    やりたい、できるときに
    やらないと後悔すると
    心から感じました。

    載せられていた55のことは
    特別時間やおかねがかかること
    ばかりでなく、
    ちょっとした心遣いで
    できることばかりです。

    お客様を大切にするわたしたちは
    まず両親を大切にすることか...続きを読む
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    購入者:山本三恵

    細見:貸出(2010,10,12) 返却(2010,11,8)
    タイトルを見て読んどかなあかんなと思い、借りました。
    読んどいて良かったです。
    皆さんも読んどいたほうがいいと思います。
    貸出:裕志(2010.11.8)
    僕もタイトル見て、借りました。いろんな人のエピソードがのって...続きを読む
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    ほっこり。
    書いてあること、
    ホントに親にしたいと思えるのばっか。


    20年×6日間×11時間=1320時間。

    つまり
    親と一緒に過ごせる時間は
    残り55日間。
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    20年(親の残された寿命)×6日間(1年間に会う日数)×11時間(1日で一緒にいる時間)=1320時間。日数にすると、55日間。

    親はいつかは死んでしまうという意識を持ち、何をするべきかを考えさせられる本。

    ・母子手帳を見せてもらう。
    ・親のいいところを書き出す
    ・孫を抱かせてあげる

    他にも実...続きを読む
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    自分の命について改めて考える機会になった。思うだけじゃなくて実際に両親への感謝の気持ちを行動に移していきたい。
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    基本的には投稿されたショートストーリーが55話綴られている。
    本当にそれはやっておきべきことなのか?というのも混ざっており、掲載基準は謎だが、どれも泣ける話ばかり。
    一度読んでおいて損はない。
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    良書です。
    私は母親を交通事故で亡くしました。
    突然母がいなくなって思うことは、もっと話しておけばよかった、もっと一緒にご飯を食べればよかった、もっと一緒に旅行とか行けばよかった、もっともっとって後悔ばかり。
    でも、二度とできないことばかり。
    内容的には少し違いますが、読んでおくにこしたことはない一...続きを読む
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    「親孝行のしたい時に親はなし」とよく聞きます。
    いつかは親が亡くなる事をわかっていながらも、真剣に考えることから逃げている人が多いのではないでしょうか?
    私もその一人です。

    父はかなり前に他界しましたが、母は健在なので今のうちに悔いが残らないように親孝行をしたいと思いました。
    今は実家から遠く離れ...続きを読む
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    この本をハウツー的な位置づけで読もうとするのは的外れ。
    55本のいろいろな親孝行の形が描かれた本であり、読み手一人一人の親孝行の形があるという事に気づかせてくれる本である、と思う。
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    55じゃ少なすぎるだろうというのが率直な印象。
    なんで55なの?

    そこはよく分かりませんが、親に会いに行って、他愛のないことでも良いから話をすることがお互いにとっての孝行になると思うのです。
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    投稿された数々の親と子のエピソードが泣ける。
    読んだ瞬間から親孝行したくなる良書。
    続編の「涙編」もオススメ。
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    親孝行実行委員会編集「親が死ぬまでにしたい55のこと」EARTHSTAR(2010)
    *日本人の平均寿命は男性79歳、女性86歳と男女ともに世界のトップクラスをひた走り、特に女性は24年連続長寿世界一の座を保っています。そんな日本人は親としての人生も長いはずです。しかし、親子としての人生はどうかとい...続きを読む
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    親孝行のかたちは、人それぞれ。

    自分はなにをできるのか、親はなにをのぞんでいるのか、
    考えてみようと思う。
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    親孝行したいときに親はなしとは良く言われるけれども、実際に親が病気になった時に親孝行として何ができるのか考えさせられた。いっしょにごはんを食べること、顔を見せに帰ること、電話をすること、感謝の気持ちを表現することなど。父親と和解ができていない人は社会的、経済的にうまくいかないという話もある。少しずつ...続きを読む
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    フジテレビの「エチカの鏡」で紹介されてましたね。

    55人のうちのひとつに、

    自分の誕生日に母親へ

    「今日は私の生まれた日、生んでくれてありがとう」

    というのがあった。

    できそうでできない、照れくさい感じだが、

    親が死ぬまでには言いたいことだろう。
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    最近年取ったせいか涙腺がゆるくなりつつあるせいか、泣いちゃいました。なんか戦略に見事引っかかったって気もして悔しいんだけど、ほっこり温かい気持ちが残りました。

    とはいえ、中には私は少し共感しにくかったものも、すでに普通に行っていたこともありました。だからこそ、リアルな気もするけど。
    すぐにできるこ...続きを読む
  • 親が死ぬまでにしたい 55のこと
    読みながら、知人である木山裕策君のデビュー曲「Home」を思いだしました。自分の親との残りの時間を大切にしようよ、そうメッセージしている本ですが、どうしても「子供がいたら、いつかこんな風に思ってくれたら幸せだろうなぁ」という思いで読んでしまうのです。だからあの名曲の一節、「不思議な事に君を愛しく思え...続きを読む