福井県立図書館のレビュー一覧

  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    あるあるから謎かけみたいなのまで、何度も吹き出す面白さ。エピソードや本の紹介も絡めてあって良かった。
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    2022.01.15~01.15
    本屋で見て、購入。
    ストレスMAX状態だったが、笑って、少し解消。
    電車の中で読んでいたが、マスクをしていてよかった。

    読んでいて、私もあったな、「覚え違いタイトル」。
    「家出とその弟子」とか「となりのトロロ」とか。
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    覚え違いに対する回答が面白い。
    ひさしぶりに、本を読んで声を出して笑った。

    定期的に読み直して笑いたくなる本。

    この本に紹介されてる本をさらに深掘りするというのもおもしろいかも。
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    司書さんならではの覚え違えエンターテイメント。覚え違えの内容が面白いだけではなく、書籍そのものの読みどころも紹介されていて、久しぶりに古典や純文学が読みたくなりました。続編が楽しみです。
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    司書のレファレンスサービスを身近に感じることのできる良書だと思いました。内容も簡潔にまとまっていて、とても面白かったです!
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    あるあるでとっても楽しめました!何度吹き出したことか。正解を案内できた時は達成感すごいんですよねー。
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    前々からツイッターで話題になったこともありましたよね。その頃から書籍化してくれないかな、と思っていました。
    読んでみて思ったことは、解読?した司書さんに最敬礼だということです。本の中では、問いと答えだけで、その過程が書かれてませんが、恐らく場合によってはかなり苦労されて辿り着いたものもあるのだろうと...続きを読む
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    書店で見て気になって、書評でも好ましく書かれていて、実際手にとってペラペラめくってみて思わずプッとなってしまい、これは買ってしっかり読まないと、ってことで最終的にゲット。覚え間違いの内容が絶妙で、ヘタウマなイラストとの相乗効果もあり、かなり楽しめた。続編も読みたい。
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集

    笑いを堪えるのが大変な教養書

    この本は電車での移動中や静かな場所では読んではいけません。
    質問者たちのうろ覚えに笑いを堪えるのがとにかく大変。
    それでも、正しい本のタイトル or 著者名と一緒に、その本に関する簡単な解説・情報があり、いくつかの本については今度読んでみたいなと思いました。
    知らない本を知ることも出来るし、巻...続きを読む
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    面白おかしく読めました。あれ?日本語がおかしいかな?
    本の題名をうろ覚えしていること、多々あり。自分もそうだなーと思って読みました。
    クスッと笑えて、楽しい時間を過ごさせてもらいました。
    もう一度読み直して、内容を頭の中に置いておきたい、とも思いました。
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    ただもう、単純に楽しめる。面白い。思わず笑ってしまう、覚え間違い。その覚え間違ったタイトルで、どんな物語ができるかを想像するのも楽しい。
    こんな質問から、該当する本を見つけ出すというレファレンスサービスってすごい。司書の方々はどの様にそういう情報収集力を身に着けるのだろうか。自分もそういう力を身に着...続きを読む
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    「辛い時にこれ読んだら笑って生きていける」ついそんな風に思ってしまう本。自分が近い勘違いをしている事もしばしば。
    文章に親しんでいる人たちが作っているからか、コメントに品があり面白い
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    本のタイトルを見た瞬間から、
    面白くない訳がない!!と思い予約購入しました!!
    これから読む方がいらっしゃったら
    家の外(電車など)で読む事は控えた方が
    良いかもしれません!!そのくらい面白い!!
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    覚え間違いをしているとは思わず堂々と
    行われるタイトル違いの本の問い合わせに対して
    司書さん達の経験と苦労の結果出される回答集として
    読んでみました。
    本に関わる仕事をするなど、問い合わせにあたることが
    ある人には是非読んで大笑いしてほしいと思います。
    こういうのに近いお問い合わせ、リアルにあるので...続きを読む
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    覚え違いというか最初のうろ覚えのイメージのまま修正出来ないタイトルってありますよね。私の場合はそれが『蜜蜂と遠雷』。この本にもありましたが『蜂蜜と遠雷』って覚えてしまって未だに修正できません(笑)。
    本書に載っている覚え違いの数々。笑ってしまいました。なかには秀逸で、ほぼ言い表しているというものもあ...続きを読む
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    司書の方の使命感、仕事のやり甲斐とレファレンスサービスで役立てた時の喜び、誇りが伝わる一冊。
    目次を眺めながら、このタイトルはあの本かな、と推理するのも楽しい。
    特におもしろかったのは「伊坂幸太郎のあと全部ホリデイ」「なぜジープで来た」「これこれちこうよれ」。
    この本を面白いと思えるかどうかは本が好...続きを読む
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    思わずクスッと笑ってしまった。
    あっという間に読み終わってしまったのが残念で、もっと読みたいと思いました。
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    SL 2021.12.28-2021.12.29

    予想どうりとても面白い。
    「よくわかりましたね!」の章は、さすが司書さん。
    イラストも秀逸。覚え違いのイラスト笑える。
    昔司書になりたかったわたしとしては、とてもとても興味深く読めました。
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    題名が掠ってればまだしも同じ作者の違うタイトルやら
    映画の別名原作やらが混ざってたり
    ぼんやり内容しか分からない条件で
    目的の本にたどり着ける司書さんに拍手!
    人生が片付くときめきの魔法は読んでみたい笑
  • 100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集
    覚え間違い、あるあるですが、
    そんなに有名ではないタイトルも出してるのが、ムーと思ってしまいました。
    あるあるなだけに、答えを出したら忘れてしまうレファレンスを事細かに記録してるなんて、捉え方が違えば、性格悪いの?!となってもおかしくないかも…(個人の意見)