張江泰之のレビュー一覧

  • 人殺しの息子と呼ばれて
    涙出た。あの凶悪な殺人事件の息子もまた、まぎれもなく被害者で、その生まれのせいで更に辛い生き方を余儀なくされていた。TV放映は観ていないのだけど、堂々とした彼の言葉、健全に向かう生き方に拍手を送りたい。幸せを願わずにいられなかった。
  • 人殺しの息子と呼ばれて
    人殺しの息子と呼ばれて。張江泰之先生の著書。北九州連続監禁殺人事件の加害者のご子息が人殺しの息子と呼ばれてきたこれまでの人生を語っています。犯罪加害者者家族に対する差別や蔑視は絶対にあってはならないこと。誰だって家族は選べないし、ふとしたきっかけで家族が犯罪者加害者になることもあれば犯罪被害者になる...続きを読む
  • 人殺しの息子と呼ばれて
    ノンフィクションも観ました。
    安易に感想や彼に言葉をかけるようなことはできません。
    ただこの先に明るい光があればいいなと願うばかりです。
  • 人殺しの息子と呼ばれて
    凶悪殺人犯に育てられた息子さんのお話なのですが、
    自分もこのようなことをされたらたまったもんじゃないと深く共感出来ました。
    自分がどれだけ幸せに人生を過ごしていたかがよ〜くわかる本です。
  • 人殺しの息子と呼ばれて
    ある程度、誰もが綱渡りの人生を歩むが、彼はかなり細く不安定な綱を上手に渡って歩いて来た。
    彼は賢明で、その綱が今後も不安定なのも充分理解している。これからも上手に渡りきって欲しい。
  • 人殺しの息子と呼ばれて
    ぱっと目をひくタイトルだ。「北九州一家監禁殺人事件」については、以前詳しく取り上げた本を読みかけたことがあったが、あまりに凄惨な内容に耐えきれず、三分の一も読めずにやめてしまった。本書によって、自分が読んだ部分よりもっとおぞましいことがまだまだ起こったのだと知り、愕然とした。

    まさに悪魔の所業とし...続きを読む
  • 人殺しの息子と呼ばれて
    映像作品は気になって録画したものの
    未だに見ていないので新鮮な気持ちで
    読んだ。
    彼が頑張って生きていけるといいな。
  • 人殺しの息子と呼ばれて

    まあまあかな

    青年のポジティブな考え方が、ホッと穏やかで安心し、応援をしたくなる終わりで、読後感は悪くない。
    ただ、前半の事件があまりに衝撃的なので、全体のバランスが中盤以降、ダラダラとした読み応えだった。
    映像、インタビューの方を見たくなる内容だった。