ワクサカソウヘイのレビュー一覧

  • 今日もひとり、ディズニーランドで
    ただただ一言。おもしろかった。書き方がすごく伝わりやすかったと思う。話しを聞いてるみたいなそんなような。ディズニーでの出来事もわかりやすくてなんだか笑ってしまう。ディズニーは夢の国だから、、そこに何かを求めてしまったり通いつめてる間に少し飽きたり冷めてしまったり、共感できる点が多かったのも楽しく読め...続きを読む
  • 今日もひとり、ディズニーランドで
    著者自身の体験をもとに書かれているらしい。
    どの辺が実話でどの辺がそうでないかなんてことは
    どうでも良くなるくらい面白かった。

    どう過ごして(生きて)良いかわからず寝てばかりいる、
    という状況はよく理解出来る。
    そういう時はとりあえず意味など考えずに
    何かを始めてそれを続けてみるというのは良いこと...続きを読む
  • 今日もひとり、ディズニーランドで
    教訓とか訴えかけられることは無いに等しいかもしれないが、とにかく面白かった。小説を読んで何度もニヤリとしたのは初めてかもしれない。電車内などでは笑いをこらえるのに必死だった。言葉遊びと比喩の跳び加減がイチイチ心を刺してくる、稀有な小説かもしれない。
  • 今日もひとり、ディズニーランドで
    ワクサカソウヘイはすごいです。前著「中学生はコーヒー牛乳で…」もかなり素晴らしい作品だったけど、この本もまた素晴らしい!真性ほんわか狂人であり、純正TVブロス系の遅れてきたヒーロー。ぜひこれから渋谷直角のように売れてほしいと思う。

    本の内容は、ほぼ本人と思える主人公がニートながら年間パスポートを買...続きを読む
  • 今日もひとり、ディズニーランドで
    これは、非リア充のための究極の東京ディズニーランドガイドブックといえます。

    リア充は読んではいけないですね。
    ディズニー大好きぃ♪な信者は購入注意(笑)

    23歳ニート男が現実世界から逃避するために、毎日ディズニーランドに通い詰め、さまざまなアトラクションを舞台に妄想を炸裂させては、現実に凹んだり...続きを読む
  • 今日もひとり、ディズニーランドで
    寂しい物語なのか?人生を知る物語なのか?
    これは読み手によって、受け止め方は違うかもなぁ(^^)

    23歳の仕事も恋人もいない、ただヒマは腐るほどある主人公が、『夢と魔法の国』へ現実逃避に毎日出かける物語です。
    ひたすらアトラクションに乗りまくり、そこから人生のヒントを読み取ったり、取らなかったりと...続きを読む
  • 男だけど、
    現代日本のエッセイ。男性であり、男性的な論理規範の下で生きている!と自負する著者が、にもかかわらず自分の中の「女の子」的な感性を発見し、そしてそれに逆らわず日々を暮らしている様を、まあ比較的淡々と綴っている。旅行したり、可愛いモノを買ってみたり、美味しいスイーツ食べたり……楽しそうで何よりです。とし...続きを読む
  • 男だけど、
    男である自分のなかに潜む、女の子ちゃん。が、顔を見せるエピソードをエッセイで紹介した本。こんなふうに思うのは本書の意図とはちゃうんかもしれへんけど、こういう感覚って、少なからず誰にでもあるんちゃうかな、と思った。男である、女であるってことははっきり言えなくて、男女の濃淡の間にすべての人間はいるのでは...続きを読む
  • 今日もひとり、ディズニーランドで
    ニート生活をしていた主人公がいわゆる「自分探し」のために一人ディズニーランドへ通うという話。ほぼ著者の体験談を元に書かれているらしい。

    自分も過去に修行と称してディズニーが特に好きなわけではないのに一人でディズニーシーに行ったことがあったのでそのことを重ねながら読んだ。

    文章は若干狙いすぎで、段...続きを読む
  • 今日もひとり、ディズニーランドで
    自意識過剰系コミュ障ニートのお笑いモラトリアム小説といった風な。駄目が満載。駄目がふきこぼれてる。気分転換にちょうどいい感じ。
    しかしなんでちょっと良い話みたいな感じに終わるんだ(モラトリアムは継続)。

    無職が昼にラーメン作ってまずそうだから喰わずに放置するシーンでは、一袋を小さく割って一食少しず...続きを読む
  • 今日もひとり、ディズニーランドで
    自分の人生、家族とディズニーランドの物語。シンデレラツアーの勇者の剣が面白い。ディズニーランドの風景が浮かんだ、最後は、家族のもとに帰れてよかった。
  • 今日もひとり、ディズニーランドで
    私自身、一人ディズニーをよく決行する年パス持ちなので、タイトルを見た瞬間から楽しみにしてました。
    主人公は、ニート・コミュ障・半ひきこもり状態の23歳の青年。
    初めのほうにある「きこり」のくだりが一番笑えたかも。他にも笑い所はあるんだけど、ちょっとくどい。一人ノリツッコミみたいな文章が多すぎる。
    ...続きを読む
  • 今日もひとり、ディズニーランドで
     つい2回読み返した。
     落語に似ている。言葉がぽんぽんと小気味よく出てきて、読んでいて心地良い。妄想なのか現実なのかだんだんどっちでも良くなってくる。