杉田成道のレビュー一覧

  • 願わくは、鳩のごとくに
    フジTV「北の国から」を二十数年にわたって演出してきた杉田成道氏。
    57歳にして30歳年下の医学生と結婚しました。

    倉本聰氏に「犯罪」と言われた年の差カップルは、二十年の付き合いがありました。
    家族ぐるみの付き合いで、一緒にスキーによく行った友人の長女が、7歳のエリさんだったのです。

    長じて銀行...続きを読む
  • 願わくは、鳩のごとくに
    30豁ウ蟾ョ縺ョ邨仙ゥ壹→縺?≧迴阪@縺?シ井ソ。縺倥i繧後↑縺?シ峨す繝√Η繧ィ繝シ繧キ繝ァ繝ウ縺ォ髢「蠢?r謚ア縺阪?∝峙譖ク鬢ィ縺ァ蛟溘j縺ヲ縺ソ縺滓悽縲ゅ%縺ョ髢「菫ゅ?縺ソ縺ェ繧峨★縲∝捉蝗イ縺ョ霄ォ霑代↑螳カ譌上b縺ェ繧翫↓隍?尅縺ェ髢「菫ゅ↓縺ゅk讓。讒倥?
    逕溘∩縺ョ隕ェ縺ァ縺ッ縺ェ...続きを読む
  • 願わくは、鳩のごとくに
    さすが山田太一が薦めるだけあって良書。面白かった。
    言わずとしれた”北の国から”の演出家。
    60近くになって30歳年下の女性(自分の息子より若くてお嫁さんの両親よりも年上って)と結婚してそっから3人の子どもに恵まれるなんて、そりゃあ、連れてたらお孫さんって言うよね。
    そのエピソードを面白く、ねずみの...続きを読む
  • 願わくは、鳩のごとくに
    鶴は連れ合いが死んでも再婚はしない。鳩は再婚はするが、つがいの間は決して離れない。願わくは・・・は、「北の国から」演出家である著者が、再婚を決めた時に思ったこと。もっと続きが見たかったなぁ、北の国からの・・。
  • ジョバンニの島
    終戦前後の色丹島

    全体的にライトで描かれていて
    読みやすいと思います。
    個人的には、深く細かくえぐって欲しいものでしたけど。
    子供の視点から描かれているから
    こうなってしまうんでしょうか。

    ロシア人て
    なんなんだろーコイツらは!?とまた改めて思いました。
  • 願わくは、鳩のごとくに
    「北の国から」の演出家。50歳で妻をなくし、57歳で30歳年下の医学生と再婚、あれよあれよという間に3児の父になる・・。

    妻は長男より年下、義父も彼より年下って、オモシロイですが、もう孫としか見られない幼児の世話もきちんとする。愛する家族のための苦労は、愉しさ喜びにもみえる。

    綺羅星のような交友...続きを読む
  • 願わくは、鳩のごとくに
    親子ほども歳の離れた女性と結婚するなんて!
    (新しい奥さんは、前妻との間の息子より若い)
    まあ、お幸せなこと。
    ・・・と、思いながら読んでみたら、あ・・いや、大変なんですね。歳の離れた女性と結婚するのは。。。
    まあ、いろんな困難やら苦悩やら、もちろん私が今まで知る由もなかった世界が描かれています。(...続きを読む
  • 願わくは、鳩のごとくに
    表紙に描かれた家系図がまず印象的だ。著者本人を中心に上へ伸びていくご先祖様には、歴史上の人物から著名な芸能人も、さらには怪しげな人物もいらっしゃる。ユニークなのは下に伸びていく先だ。著者自身の家族以外に、何と多くの芸能人たちの名前が記されている。著者は国民的ドラマ「北の国から」シリーズで知られたフジ...続きを読む
  • 願わくは、鳩のごとくに
    タイトルの意味は第1章で判るが、鶴ではなく鳩。控えめなところがよろしい。映画「最後の忠臣蔵」が良くて、つい買って読んでみたが、国民ドラマ「北の国から」を撮り続けた著者だけに、日常とオーバーラップするドラマの情景が、ズルイよな~と思わせる。というか、そんな日常が、あのドラマのワンシーンに成ったのか、と...続きを読む
  • 願わくは、鳩のごとくに
    人生は何が起こるかわからない。だから、生きることは未知の冒険だ。この本は、仕事人としてのプライド、親の温かさが伝わってくる。