伊藤ベンのレビュー一覧

  • 鋼鉄の白兎騎士団III
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    以前に読んだときも感じたがガブリエラの考えた策は悪辣だな。
    特に相手が優秀であれば優秀であるほどに有効となる策だという感じかな、ただ、相手が自暴自棄となったとしても士気が著しく低いだろうから問題にならないだろうしね。
    ただ、この時に知名度を得たことを初めとし...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団X
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    この結果に主人公はどうしてこうなったのかと頭を悩ましたのだろうな。
    レンフレンシアの策謀、恐るべしといった感じだろうか。
    この巻は次シリーズに幕間ということになるのだろう。裏主人公と言えるレフレンシアの予想はどこまで当たるのかといえば、今までのプロローグやエ...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団I
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    入団編
    それにしても試験を終了させるためにライバル達を全員ぶちのめす選択肢を思いつく辺り、ガブリエラが頭がいいのか馬鹿なのかよくわからないな。
    まあ、その突拍子もない発送がこの作品の面白いところだけどね。
  • 鋼鉄の白兎騎士団X
    ガブリエラ団長見習い編

    1巻や他の巻でガブリエラが団長だということは既に知っていることだけど,この巻でガブリエラがどうやって団長(見習い)になったのかがわかる内容.

    レフレンシアの策士っぷりがいつもより増して映える.逆に遊撃小隊の出番は少なめ.
  • 鋼鉄の白兎騎士団I
    まじしゃんず・あかでみぃ内でネタに使われていたので、気になって探した。
    予想はしていたが、実物の表紙見てぶっ飛んだ。
    若く美しい少女好きな女神の加護を受ける美少女軍団"鋼鉄の白兎騎士団"の未来の団長ガブリエラ(プロローグでいきなり団長として、団員を困らしている)が、いかに奇想天外な策略で団長へ上り詰...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団VII
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    どこの番隊にも所属していない遊撃小隊は派閥に染まることなく、団長代理が使いやすい人員ということになるのかな。レフレンシアが行動する際には必ずと行ってよいほどに一緒に行動することになる運命なのだろうか。
    前半はガブリエラ得意の奇策で状況を一気に変化させ、結果的...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団V
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    セビリ=アンテ都市同盟の内紛もこの巻で終了
    今までと同様に直接的な戦闘よりも敵味方の読み合いが面白く感じたな。今までのガブリエラは基本的に読み合いに勝ち、相手の機先を制することが多かったけど、今回は読み合いに負けて追い詰められることになったのが印象に残ったな...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団VIII
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    ガブリエラが暗黒大魔王というチンケな称号では表せない存在へとレベルアップ
    この巻においては単なる軍事的な視点だけではなく、政治的な視点も含めた高度に戦略的な作戦を構築するに至った。数多の事件を潜り抜けてきたガブリエラは着実に成長している。
    また、ガブリエラの...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団VI
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    この巻は幕間といった内容だった。
    以前に起きたお兎様の乱で減少した団員を補充するために臨時の入団試験
    結果的にはガブリエラ達の遊撃小隊に勝るとも劣らない個性的な面々が入団したね。この新たな新人たちがどのように動くのか楽しみだ。また、アスカという騎士団を外から...続きを読む
  • 鋼鉄の暗黒兎騎士 電子DX版
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    新章に突入前に主要人物の過去にスポットを当てた短編集
    いままでの物語の中で匂わされていた過去が少しだけ明らかになった。
    なかでも印象に残っているのは主人公ガブリエラの子供時代で、ガブリエラの子供時代から黒い要素が存在していたことが印象に残っている。
    他、ディ...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団IV
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    雛小隊あらため遊撃小隊は前巻の内乱の後始末のために商人に扮し、資金稼ぎの旅
    思ったよりも商売がうまく進んだ遊撃小隊一行はアンテルノで3日間の休息をするのだが、行き倒れた男の子に遭遇し、陰謀えと巻き込まれていくといった感じだ。
    都市国家の脱出時はメンバーの成長...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団IX
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    再読なので簡単に感想を書く
    通しで読んでいると徐々に戦争規模が拡大していることがよく分かる。
    主人公の預かり知らぬところで国家間の関係に大きな変化が発生していたのだと、強く感じた。池に連続で投じた石の波が干渉し、小さな波が大きな波へと変化するようだった。
  • 鋼鉄の白兎騎士団II
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    雛小隊結成編
    後々の事を考えるのであれば、ガブリエラ達はとんでもない時期に入団してしまったということになるんだろうな。もし、雛小隊が存在していなかたらどうなっていたのだろうか。
  • 鋼鉄の白兎騎士団III
    騎士団に裏切り者がいる!
    「そしてそれは団長だと思います」
    ということで,騎士団謀反編(仮称)後編です.

    城を無抵抗で占拠させて云々の戦略は
    どこかで見たことあるアレですね.
    しかし実際どれだけコストのかかる案件なのか.
  • 鋼鉄の白兎騎士団IX
    ガブリンの奇策は相変わらず冴えていて、最後のレオノーラの能力はチート気味だった。白兎騎士団は磐石の強さですね。
  • 鋼鉄の白兎騎士団I
    ガブリエラ戦記の前の話.
    本来こっちから読むべきだったよ.

    というわけでガブリエラが騎士団の入団試験を受ける話ですね.
    しかし3次試験受けるの面倒だし苦労しそうという理由で
    2次試験で定員になるまで他の参加者を倒すとか
    ハンター試験2回目のキルア君じゃないですかやだー.
    とっとと合格するために他の...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団IX
    ル・アンヘル攻防戦

    いつもに増して,軍事的戦略がメインの話.
    どちらかというと戦略的撤退を取るのだけど,その戦略がいつも通りガブリエラ発案なわけで….
    特に仕上げが敵側からすると酷いw.
  • 鋼鉄の暗黒兎騎士 電子DX版
    ガブリエラ(ドゥイエンヌ)、ディレイ(セリノス、ノエルノード姉妹、ウェルネシア)、アフレア、ヨーコ(アルゴラ)、アスカの過去についての短篇集。

    これを読むと本編の妙なひっかかり(登場人物の過去を言及してるところ)も取れるかも。
  • 鋼鉄の白兎騎士団III
    某書評サイトで見かけてシリーズ買い。まだ話がちっこいけど話の展開的には好き。絵はうがちすぎ( ´д`)
  • 鋼鉄の白兎騎士団I
    鋼鉄の白兎騎士団への入団試験がメインなので面白くなるのはこれからでしょう。若く純潔な女性しか守護しない女神のお陰で若く清純な女性が騎士として戦う世界だなんて、男に都合が良すぎるけしからん女神の存在に心から拍手を送りたい。
    ReaderStore一巻無料を利用