舞阪洸の一覧

「舞阪洸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:舞阪洸(マイサカコウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 静岡県
  • 職業:作家

1992年『プリンセス・ミネルバ ウィスラー王国物語』(イラスト:石田走)で小説家デビュー。『御手洗学園高等部実践ミステリ倶楽部』(イラスト:八雲剣豪)、『火魅子伝』(イラスト:大暮維人)、『鋼鉄の白兎騎士団』(イラスト:伊藤ベン)などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/04/30更新

ユーザーレビュー

  • ガブリエラ戦記I 白兎騎士団の窮地
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    新団長編のスタート
    新団長編は白兎騎士団がルーアル・ソシエダイとゾギルノジキに攻撃される所から始まるのかと思っていたが、そこまでの流れもじっくりとやるようだ。
    新団長としての役割を果たせるのかと思っていたが、副団長レフレンシアが望んでいた奇抜な発想からの策は...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団III
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    以前に読んだときも感じたがガブリエラの考えた策は悪辣だな。
    特に相手が優秀であれば優秀であるほどに有効となる策だという感じかな、ただ、相手が自暴自棄となったとしても士気が著しく低いだろうから問題にならないだろうしね。
    ただ、この時に知名度を得たことを初めとし...続きを読む
  • 鋼鉄の白兎騎士団X
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    この結果に主人公はどうしてこうなったのかと頭を悩ましたのだろうな。
    レンフレンシアの策謀、恐るべしといった感じだろうか。
    この巻は次シリーズに幕間ということになるのだろう。裏主人公と言えるレフレンシアの予想はどこまで当たるのかといえば、今までのプロローグやエ...続きを読む
  • ガブリエラ戦記VI 白兎騎士団の切り札
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    予想外な方法で戦争が集結してしまった。
    ガブリエラが考えていたとおり、ルーアン・ソシエダイとジギルノジチ経国の講和は最初から無理だったという事がよく分かる内容となっていた。
    それにしてもこの展開はヴィネダが少し可愛そうだな。
  • 鋼鉄の白兎騎士団I
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    入団編
    それにしても試験を終了させるためにライバル達を全員ぶちのめす選択肢を思いつく辺り、ガブリエラが頭がいいのか馬鹿なのかよくわからないな。
    まあ、その突拍子もない発送がこの作品の面白いところだけどね。

特集