クレア・デラクロワのレビュー一覧

  • 夜が来る前に
    イヴがいい男である。
    夢見がちな従者のガストンの成長も楽しい。
    トーマかわいい。
    ガブリエルの聡明さとコンプレックス。
  • 夜は甘く妖しく【ハーレクイン文庫版】
    歴史物で意外と楽しめた。当時の状況よりもやや女性が押さえつけられていない現代タッチにアレンジされているからかな。
    あまりに女性が虐げられていると私は萎える方。
  • 夜は甘く妖しく【ハーレクイン文庫版】
    サイェルヌ3兄妹弟シリーズ第2弾。
    .............(あらすじ)...................................
    非道な父と仲違いして領地から飛び出して以来、故郷のサイェルヌには近寄らなかったクインは、大領主テュレのお館様の命を受けて帰還した......夢までに見た故...続きを読む
  • 夜が来る前に
    サイェルヌ3兄妹弟シリーズのラストの第3弾。
    第一話『夜ごとの誘惑』で15歳の庶子で何者でもなかったイヴが、12年後には伯爵の軍の指揮官にまで上り詰めていた!!.....もう、これだけで私はちょっと嬉しいんですが(笑)
    ちゃんとした騎士になれたのねぇ....って思いながら読んでいたら、紳士的過ぎて我...続きを読む
  • 夜が来る前に
    イヴの献身っぷりにただもうびっくり!こんな旦那さんに心底惚れられたら幸せだろうなぁ〜(^^)男前にも程がある!
  • 誓いの真珠 王家の伝説 II
    読後感も良かったです。
    モンゴル帝国時代と聞いて、どの辺りの時代かと思ったら、チンギス・ハーンの曾孫の代で、イル汗国の王アバカに仕えるティエリーの物語りでした。
    歴史ものとしても読み応えもあったけど、ただ、結局、長いページ数を費やして何が言いたかったのか?
    ティエリ―が冒頭でさらうように連れ帰ったペ...続きを読む
  • 夜は甘く妖しく
    父亡き後領地アノシーを女手一つで守ってきたメリサンド。
    一方、仲違いしていた父の訃報を聞き、荒れ果てたサイェルヌのちに戻ってきたクイン。
    どちらも正式な領主となるには、地域を統括支配する大領主に認められなければならない。その大領主に呼びつけられた二人は、ある命令を下される。
    「今夜すぐにも、婚礼の儀...続きを読む