もうあかんわ日記

もうあかんわ日記

作者名 :
通常価格 1,567円 (1,425円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

父は他界
弟はダウン症
母は車いすユーザー、からのコロナ禍に生死をさまよう大手術
間におじいちゃんの葬式が挟まって
ついには、おばあちゃんがタイムスリップ
ーー残された長女(作家)にすべてのタスクは託された

次々におそいかかる「もうあかんわ」なラインナップ

なのにどうして、こんなに面白い文章が出来上がってしまうのか
読んでる側はいったいなんで、こんなに救われてしまうのか!?

【人生は、一人で抱え込めば悲劇だが、人に語って笑わせれば喜劇だ】

3月10日から4月15日までの岸田奈美のnoteに書かれた、泣けて笑える祈りの日々
放った言葉を本人の手で見事に体現した、読後、拍手喝采のエッセイです

< 3/10 岸田奈美のnoteより>

現代社会が抱える闇の全部盛りが、かっぱ寿司のすし特急に飛び乗ってやってきた!?!?!?!??! !
チャップリンは「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」と言った。
わたしことナミップリンは「人生は、一人で抱え込めば悲劇だが、人に語って笑わせれば喜劇だ」と言いたい。

悲劇は、他人ごとなら抜群におもしろいのだ。
ユーモアがあれば、絶望に落っこちない。
常々そう思っていたけど、気づいたのは、ユーモアは当事者に向けるものじゃない。
悲劇を喜劇に変えるためのユーモアは、そこにいない聞き手、つまり第三者にしか向けられないものなのだ。
理不尽なこの日々を、こうやって笑い飛ばしてもらえたら、わたしはそれで救われる。
同情も憐憫もほしくない。
やるべきことも全部わかっているので、家に来て手伝ってほしいわけでもない。
ただ、笑ってほしい。
だって、このストレスフルな時間も、心のどこかでわたしは「たしかにしんどいけど、これはこれで、おもしろいよな」って思っているのだ。
そういう明るい自分を、わたしは見失いたくない。

でも、このままやったら、もうあかんわ。
そんなわけで、前置きが長くなりましたが、読者さんにお願いがあります。
今日から母が退院して落ち着くまで、毎日21時に、noteで日記を書きます。
時間のある人は、どうか、読んでいってください。
読んでくれる人がいるだけで、わたしは、語る意味があります。
悲劇をわたしがnoteで書けば書くほど、喜劇になっていきます。

タイトルは「もうあかんわ日記」です。
もうあかんので。あかんくなる前に、助けてください。

【もくじ(一部抜粋)】

○「もうあかんわ日記」をはじめるので、どうか笑ってやってください
○ プリズンブレイクドッグ
○ 祖父のアルゴリズム葬儀
○ 他人のためにやることはぜんぶ押しつけ
○ 何色かわからん龍の背に乗って
○ いつも心にクールポコ
○ もしも役所がドーミーインなら
○ 姉弟はそういうふうにできている
○ まだあかんくないわ
○ 退院ドナドナ……ほか

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
コルク
掲載誌・レーベル
コルク
ページ数
320ページ
電子版発売日
2021年05月31日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
6MB

もうあかんわ日記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月15日

    岸田奈美さんの同著『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』から続けて読んだ。

    やっぱり面白い。笑えるし、泣ける。考えさせられるし、新しく気付けることも多い。

    ユーモアたっぷりに「もうあかんわ」を書いているけれど、実際にはもっともっと「あかん」のだろうなぁと思いながら読んだ。

    岸田...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月04日


    これほどに色々起こる人がいるだろうか。


    こんなにもうあかんことが起きまくってる人がいるから私はまだ大丈夫や、と思える本。

    家族との関わり方について考えさせられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月24日

    ユーモアの力。感性が言葉になり、心に沁みる。悲劇を喜劇に変えること、心のもちよう。見方のありよう。素直な声。素が出せるよさ。感謝。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月24日

    「悲劇は、意思をもって見つめれば、喜劇になることごある。」これを岸田さんほど体現している人に出会ったことがない。

    しんどいことも、ユーモアというスパイスを加えることで、人に提供できる笑い話になる。そんなことを気づかせ続けられるエッセイ。

    動物やモノを人間のように例えてツッコミを入れたり、日常に命...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月18日

    全ての家族に必要なもの。
    ユーモア。

    介護がやってくる。
    ひたひた。ちゃくちゃく。
    でも、怖がらない。

    ばばは、
    馬よりおぞいもんやと覚悟して
    山の村から嫁に来た。
    慣れない農作業から帰ったら
    干した布団が雨に濡れてた
    ボケた姑がう○こを
    ちり紙に、包んで箪笥に隠した
    それでも、笑って笑って介護...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月04日

    ほんまに「もうあかん」ことを日記にしてるんやろうけど、幾度となくわろてまうエッセイ。大変なんやろうけど、気にせず笑えてしまうのは作品から伝わってくる岸田さんの人柄によるものだと感じました。

    自分より大変なのにみたいな気持ちはわいてこんくて、自分も辛いことあるけど笑い話にしたいなって思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月03日

    この人の文章が好きだ。

    カジュアルな文章に同年代なので、
    例えに米津玄師とか赤井秀一とかが出てきて、
    イメージが鮮明に脳内に浮かぶ。
    おそらく著者の脳内イメージとほぼ近しいと思う。

    正論の形をした人の言葉は突き刺さる。
    なかなか抜けてくれないけど、

    岸田奈美さんは、がんばってる。
    もうあかんと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月23日

    推しに推し照作家・岸田奈美さんの本。

    前回の「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」もそうだけど、すでに投稿サイト・noteで読んだ文章なのだが、書籍として改めて読むと、また新たな感慨がある。

    それにしても、よくこんなにいろいろと降りかかるなぁ、と思いつつ、認知が低下していく我が父...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月07日

    内容はnoteですべて既読ではあったけど、一冊の本として読み直したくて購入しました。
    何かトラブルが起きた時、焦ったりイライラしつつも相手視点からの見方も忘れないのが素晴らしいなと思う。
    しかも、偽善的な正しさではなく、ナチュラルにそれを考えられるのが凄いです。
    楽しい文章に笑わせられつつ、学ばせて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月04日

    ものすごくトラブルだらけで大変でも、関西人のツッコミ気質と文才で、悲惨さを感じさせず逆に面白だったりホロリとさせるのがすごい。認知症気味のおばあちゃんの行動が想像の斜め上を行き過ぎる。いろいろなあかん出来事のなかでも、家族愛を感じる本。個人的にお気に入りのエピソードは、ペットのやんちゃな愛犬との話を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています