宮澤賢治 あるサラリーマンの生と死

宮澤賢治 あるサラリーマンの生と死

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

時代は移り変わっても、宮澤賢治の残した詩や散文の数々は日本のロマンの、ひとつの到達点を教えてくれる。農学校教師、農民芸術運動家としての賢治はよく知られるが、肥料の炭酸石灰、建築用壁材料のセールスマンとして、東へ西へと駆け回っていた最晩年近くの姿はあまり知られていない。賢治が生涯にのこした膨大な書簡から、オロオロと歩きながらも、生活者として必死に生きようとしたサラリーマン・賢治が、浮かび上がってくる。雨ニモマケズ、デクノボーと呼ばれても…。宮澤賢治、知られざるセールスマンの日々!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
176ページ
電子版発売日
2021年02月26日
サイズ(目安)
1MB

宮澤賢治 あるサラリーマンの生と死 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年02月19日

    東京で壁材のセールスに行った先に出した名刺には、こんな風に刷り込まれていたのかしら。

      東北砕石工場技師 
      石灰肥料宣伝担当  
                    宮澤賢治

    宮澤賢治の書いたものは、一般に普及しているものは決定稿ではなく微妙に表現の違う別稿が存在する場合が多く、その研究の成果...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月26日

    [ 内容 ]
    時代は移り変わっても、宮澤賢治の残した詩や散文の数々は日本のロマンの、ひとつの到達点を教えてくれる。
    農学校教師、農民芸術運動家としての賢治はよく知られるが、肥料の炭酸石灰、建築用壁材料のセールスマンとして、東へ西へと駆け回っていた最晩年近くの姿はあまり知られていない。
    賢治が生涯にの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    最晩年、建築材料のセールスマンとして東方奔走する生活者の視点から数々の書簡をもとに宮沢賢治の実像に迫ったものです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています