九条の大罪 1

九条の大罪 1

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 650円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

法とモラルの極限ドラマ、開幕!

国民的ダークヒーロー漫画『闇金ウシジマくん』の真鍋昌平、最新作!

なぜか厄介な案件ばかりを引き受ける弁護士・九条間人(くじょうたいざ)。

鼻炎持ちのバツイチで、ビルの屋上で
テント生活をしている偏屈な弁護士だ。

主な顧客は、半グレ、ヤクザ、前科持ちなど、きな臭い人だらけ!?
ネットでは悪徳弁護士と罵られながらも、
イソ弁の烏丸(からすま)と共に、依頼人の擁護に務める。

ある日、飲酒して轢き逃げをした半グレが、
先輩の壬生に連れられて、九条のもとを訪ねる。
そこで九条が授けた策は、弁護士にはあるまじき教唆で――!?

交通事故ひとつですら、常識がひっくり返る。
知ってるだけで、人生が変わる。

神か悪魔か弁護士・九条!
法とモラルの極限ドラマ、ここに開幕!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
208ページ
電子版発売日
2021年02月26日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
44MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

『闇金ウシジマくん』の真鍋昌平最新作は、ワケアリ者を弁護する悪徳弁護士の物語!!

「ウシジマくん」は闇金を通じて半グレやヤクザなどアウトローを描いた物語でしたが、今作もアウトローな人間が多数出てくる物語です。

主人公・九条間人(くじょう たいざ)は、腕利きの弁護士。
ですが作中の「いい弁護士は性格が悪い。」という言葉とおり、弁護士の姿勢としては受け入れがたい部分があります。
何故なら、思想信条がなく、法律と道徳は分けて考えることをポリシーとしており、道徳上許しがたいことでも依頼者を擁護するのです。

最初のエピソードは、飲酒運転に加えスマホゲームによるよそ見運転で父親と5歳の子供を車で跳ねてしまった事件。
父親は死亡、息子は片足切断という事態に…。
それに対し九条は犯人の男にアルコールを抜いてから出頭し何もしゃべるなと指示を出します。
犯人は指示通り20日間黙秘を貫き証拠不十分で釈放され、裁判でも執行猶予付きで実刑なしという判決を勝ち取るのです。
被害者の立場を考えると胸糞悪いと言える結末です。

弁護士としては加害者よりも被害者を擁護した方がお金になるのに、悪評が付いて回るのも気にせず加害者側を擁護する九条。
お金のためではなく別の信条があることが窺えます。
九条はある意味ダークヒーローと言えるのではないでしょうか。

世の中の話題性のあるテーマを取り上げたり、後味がザリっとするような物語はさすがの一言。
九条の淡々と話しを進める様は、ウシジマくんに通じるところがあります。

連載当初ウシジマくんは客観的視点を持ったキャラクターで事件の中心ではなかったですが、次第に物語の中心となっていきました。
九条も現在は客観的なポジションで事件と関わっていますが、今後その立場がどう変化していくのか気になるところです。

個人的に注目しているのが、烏丸真司(からすま しんじ)という九条の下で働くイソベンと呼ばれる「居候弁護士」です。
烏丸はエリートであり、もっと好条件な環境で働けるにも関わらず、面白いからという理由で九条の下にいるのです。
九条は代わりものですが、烏丸も相当変わり者と言えます。

今後、九条と烏丸がどう物語の主軸になっていくのか楽しみです。
また昨今起きている事件が、この物語で取り扱われるかもしれない…!!という部分でも注目です。

九条の大罪 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    期待通りの作品でした

    a 2021年04月19日

    ウシジマくん読んでたので、楽しみに読んだらやっぱり面白かったです。世の中のお勉強になるのでありがたい…。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ウシジマくんの作者

    けんと 2021年04月04日

    これまた、えぐいです!今回の作品は、法律の抜け道がたくさん書かれていて、へぇ〜と目から鱗がとまりません!面白い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月18日

    「九条の大罪1 真鍋昌平 小学館 2021年」なぜか犯罪者を弁護する弁護士の話。面白いけど、世の中の負の部分や犯罪ばかりにフォーカスが当たっていて読んでいて気持ちよくないから続きは買わないことに決めました。そのうち売ります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    弁護士とは

    武藤けいじ 2021年03月18日

    面白かったです。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月26日

    依頼者の素性や性格にこだわらず全力を尽くす、かつ特に悩んだりしないってのは、あんまり見かけない系統の弁護士ものな気がする。
    弁護士ものは大抵、弱い者の味方で勧善懲悪やりたがるからなぁ。
    九条のキャラクタがつかめないのもいい感じ

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2021年04月22日

    /-

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ダーク過ぎる世界

    はな 2021年03月16日

    ダークで怖くリアル。ウシジマ君同様、軽い気持ちで悪事に手を染めてしまうことへの抑止になればいいな。人生を客観的に見直して、ダークな人生に身を落とさないように…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月07日

    ウシジマくんの作者ということで購入。相変わらず不安にさせてくるような内容で面白かったです。役立ちたくはないのですが、職質とか取り調べの知識がついてよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    弁護士版ウシジマくん

    cookbook 2021年03月05日

    弁護士版のウシジマくんという感じで、ウシジマくんのファンだった人は楽しめると思う。アングラ世界での犯罪に関したドラマという点がウシジマくんとの共通点だが、主人公が大人の弁護士で法律でトラブルをさばくので、主人公の活躍の仕方はもちろん全然異なる。依頼人優先で法律が許す範囲で手段は選ばない主人公が時折見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月01日

    闇金ウシジマくん、とても後味悪かったんだけど、一気読みしてしまった。

    読後感は良くないんだけど、毒というか、刺激を求めて読んでしまう。この人の作品。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています