うしろむき夕食店

うしろむき夕食店

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

レトロな洋館に、ステンドグラスの嵌め込まれた観音開きの扉。ドアの両側には二つずつの格子窓。そこから見える満月のような照明と、おいしそうな香りが漂ってきたら間違いなし。そこが「うしろむき夕食店」だ。 出てくる料理とお酒は絶品揃い。女将の志満さんと、不幸体質の希乃香さんが元気に迎えてくれる。 お店の名物は「料理おみくじ」。いろいろ迷ってしまうお客さんに、意外な出会いを与えてくれると評判だが――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ポプラ社
ページ数
308ページ
電子版発売日
2021年02月17日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
3MB

うしろむき夕食店 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月23日

    出てくる料理が美味しそう。前向きに進むのもいいけど、1度立ち止まって振り返っていい、その言葉が心地よい。前向きになれる!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月10日

    懐かしい雰囲気の「うしろむき夕食店」
    こころが疲れた時、そこに行けば
    ほっとでき、何かしらの元気を与えてもらえる。

    「おみくじ」料理からのヒント
    食が繋ぐ人々の縁

    優しい気持ちにさせてくれる1冊

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月17日

     装画に惹かれて読んでみたら、思いの外良かった。扉絵とご飯の描写にとても食欲をそそられる。ご飯系小説を読むと必ず「こんなお店が近所にあったら」とよだれを垂らすが、きっと私が知らないだけで隠れた名店があるんだろう。
     料理おみくじのおかげで運気が上向きになる登場人物たちだが、最終話に書かれているように...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月15日

    乾杯!
    人生いろんな困難ときちんと向きあおうとジタバタする人たちと美味しい料理。
    おもしろかったです。
    イノシシの意味は?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月06日

    どうしようもないことや、志半ばにして膝を折ることも、生きている間には起こる。そういう時でも、時は流れて、腹は減る。真っ暗闇に思える夜空でも、見つめるうちに目が慣れて、星の光が見えてくる。それでも見えなかったら、後ろを振り向いてみる、これまでやってこられたこと、出来たことを。
    忘れているだけで、沢山あ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月24日

    冬森さん作品、待望の2冊目。
    数多のグルメ関連の小説の中でも、あう・あわないがあるが、冬森さんの作品は、私のツボにドンピシャにハマる。
    今回も、心の中にあるやわらかい部分をつつかれて、でろーんととろけてしまような、心地よい感覚であった。
    キリンビバレッジさんのウェブサイトで公開されていたが、本になる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月22日

    出てくる料理がとにかく美味しそう。登場人物もそれぞれ味があり、ほっこりしながら読める。ただ、おじいさん探しのくだりは不自然すぎたかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月18日

    この手の本って確実にお腹がすく。
    腹ペコのときに読んだら、出てきたメニューのすべてが食べたくなっちゃうよ。
    こんなたどり着ける人を選びそうなお店、魅力あるわ〜。料理おみくじ引いてみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月29日

    お腹もココロも満たされる連作短編集
    温かいおもてなしの、たどり着くのに運が要る?夕食店

    おみくじ料理でゲン担ぎ
    悩める人なかなかに当たります

    事情とはいえアルコール多目なのが残念ですが
    ラストは盛り上がって大団円

    ポプラ社さんらしい、ほっこりする作品です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月05日

    様々な悩みや思いを抱えている登場人物たちが、とても愛おしく感じる作品でした。
    彼らがうしろむき夕食店で癒され、そして進んでいく姿にじんわりするものを覚えました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング