チューリングを読む コンピュータサイエンスの金字塔を楽しもう

チューリングを読む コンピュータサイエンスの金字塔を楽しもう

作者名 :
通常価格 3,300円 (3,000円+税)
獲得ポイント

16pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

■コンピュータと数学の限界に答えを出す!
イギリスの数学者アラン・チューリングは1936年に、「計算可能数とその決定問題への応用」という
論文を発表しました。後に「チューリング機械」と呼ばれる想像上のコンピュータが初めて示された論文です。
チューリング機械は有限個の状態をとれる機械がテープのマス目を読み書きするだけのたいへん単純な機械です。
それは計算することの原理的な仕組みと限界を明らかにするための機械でした。

驚くべきことに、あらゆるチューリング機械は一つの整数で表すことができます。そのことは、計算可能な数の
全体が可算無限個であり、連続体をなす実数全体のうちのほんの一部でしかないということを意味しているのです。

さらにチューリングは、テープ上の記号の複写や消去といったチューリング機械の動作のいわばサブルーチンを
組み合わせて、あらゆるチューリング機械の動作を模倣できる「万能機械」を構成しました。万能機械は今日のコン
ピュータの原型のようなものです。この観点から見ると、一切のデジタルコンピュータはチューリング機械の実用版
なのです。
本書はチューリングの「計算可能数とその決定問題への応用」の原論文を楽しむためのガイドブックです。原論文をゆっ
くりと、逐一注釈していきます。原論文を理解するために必要な数学的な準備や、戦争の時代を生きたチューリングの波乱の
生涯にもたっぷりとページを割いて話を進めていきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 全般
出版社
日経BP
ページ数
612ページ
電子版発売日
2021年02月04日
サイズ(目安)
90MB

チューリングを読む コンピュータサイエンスの金字塔を楽しもう のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年01月12日

    チューリングの原論文に著者の注釈をつけた形式で書かれている。
    注釈が非常に読み応えがあり素晴らしい。
    (以下、私が一読した上での理解と感想を書きます。なにか間違った記述があったとしたら私の理解不足によるものです。)
    「一階述語論理に関する決定手続き問題」を証明するために、「計算可能性とはなにか」をチ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月31日

    この本の最初と最後に古代ギリシャのディオファントスという数学者が登場する。
    ディオファントスが数学に傾倒した動機は、息子を失った悲しみを癒すためだという。

    有名な数学者が数学をやるようになったきっかけは大抵の場合、純粋な好奇心や偉大な功績を残したいがための野心だと思う。
    ディオファントスの例は個人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています