対話型OJT 主体的に動ける部下を育てる知識とスキル

対話型OJT 主体的に動ける部下を育てる知識とスキル

作者名 :
通常価格 1,782円 (1,620円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

立教大学経営学部教授 中原淳氏推薦
“「勘と経験と度胸」のOJTから「エビデンス」に基づくOJTへ”

・一人ではなく複数で教える「OJTネットワーク」
・「職場になじむ」「戦力化」を戦略的に考える「組織社会化モデル」
・アンラーニング(学びほぐし)を適切に行う「フィードバック」
・「対話モデル」で自律型人材を育てる
・「スキャフォルディング」で部下・後輩の自立を助ける

【リモートワーク時代の教え方の新常識】
部下・後輩に仕事を教え、一人前に育てていくうえで欠かせないOJT。
組織の枠にとらわれないオープンイノベーションが求められ、複業(副業)が当たり前となり、さらにはリモートワークが進む中で、効果的なOJTを行えているでしょうか?

「背中を見て学べ」が通用しなくなっている現代に、適切に人を教え、育てていくためには、科学的なエビデンス、理論に基づくスキル・実践法が欠かせません。

本書が提案するのは、「対話型OJT」という手法です。
人材育成に関するさまざまなエビデンス・知見をもとに、組織においてムリなく、すぐに取り入れられる方法論をまとめた人材育成の手法が、「対話型OJT」です。

「対話型OJT」を活用いただくことで、
「そもそも仕事が多すぎるうえに、部下の数が多すぎて、全員に目が行き届かない」
「メンバー一人ひとりが個性的で、取りまとめが大変」
「リモートワークが中心になっていて、コミュニケーションをとるのが難しい」
「そもそも、教える側の自分も、この方法で本当に良いのか自信がない」
こうした悩みを解決し、自分で考えて、自分で動ける“主体的な人材”を育てていくことができるでしょう。

リモートワークでの育成に悩むマネジャー、育成に時間にかけられないと悩む先輩社員、組織の人材育成を考える人材育成担当者の皆さんが、今日から取り入れられる考え方・スキルをまとめた1冊です。

《本書の内容》
第1章 Why――なぜ今、「自律型人材」が求められるのか?
第2章 Who――誰が教えるか〜OJTネットワークを築く〜
第3章 What――何をやってもらうのか 〜経験学習を定常する〜
第4章 How long――育成にかかる時間
第5章 How――対話型OJT〜「答えがわからない時代」の教え方
第6章 How――リモートワークでの効果的なコミュニケーション
第7章 How――教える〜スキャフォルディングで足場をかける〜
第8章 Where――リモート環境で対話型OJTを実践する

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
日本能率協会マネジメントセンター
ページ数
288ページ
電子版発売日
2021年01月22日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
11MB

対話型OJT 主体的に動ける部下を育てる知識とスキル のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています