釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝

釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2020年11月20日、急逝した『釣りキチ三平』の生みの親、矢口高雄氏。

今回、元新聞記者の藤澤志穂子さんが、5年に渡る矢口氏ご本人と関係者への多くのインタビューを通じて見えてきた、マンガ家人生から、マンガの、そして日本の過去・現在・未来を一冊にまとめました。

矢口氏は筆を折り、病を得ながらも、故郷の「横手市増田まんが美術館」を通じて、81歳で亡くなるまで、マンガと故郷に対して深い愛情を注ぎました。

本書では少年時代の手塚マンガとの出会い、安定した銀行員生活を捨ててのマンガ家転身、そして『釣りキチ三平』の大ヒット、東日本大震災、旧作「マタギ」の約40年ぶりの再評価……など矢口氏の人生を振り返ります。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
世界文化社
ページ数
244ページ
電子版発売日
2020年12月25日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
22MB

釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    矢口高雄氏逝去後すぐにタイムリーに刊行されたジャーナリストによるドキュメンタリーだが、取材期間は5年以上と長く付け焼刃的な内容ではなく濃くしっかりとした評伝だった。
    もともと私は「マタギ」のファンで1970年代に購入してからずっと大切に今も愛読書として持っている。
    矢口氏逝去後、「僕の蛍雪時代」「奥...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています