壁の花は子爵の許嫁

壁の花は子爵の許嫁

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 909円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

わたしだけが知らなかった――
父と子爵の、都合のいい密約を。母亡きあと、ネルはずっと父親とおばに疎まれてきた。
寄宿学校から帰省するたびにいじめられ、慰めは、大好きな乗馬だけ。
ある日、ガブリエル・ハンターという子爵が父を訪ねてきた。
レディらしからぬ振る舞いで乗馬の腕を披露したネルは、
案の定、おばにこっぴどく叱られた。子爵の目の前で。
ネルは初めておばに楯突き、家を飛び出すと、寄宿学校に逃げ帰った。
4年後。成人したネルは、父からの手紙で衝撃の事実を知らされる。
なんと彼女は婚約しているというのだ――かの子爵、ハンター卿と。
まだ17歳だったあの日、ハンサムだが暗い影を落とす子爵の瞳に覚えた
胸のざわめきが、ふいにネルの全身によみがえった。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年12月24日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
1MB

壁の花は子爵の許嫁 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    資産家の娘で馬を男性のように乗りこなすヒロインと、子爵で心の傷を持つヒーロー。
    寄宿学校で暮らすヒロインの元に4年前に出会ったヒーローと婚約していると連絡が来て急遽ロンドンへ。

    カバー裏の紹介文に内気な令嬢、と書いてあったけどそれは嫌味なおばの前だけで、ヒーローに対してはズバズバものを言う割とユー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています