LIFE SCIENCE(ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義

LIFE SCIENCE(ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

世界的生命科学者であり、ノーベル賞受賞者の共同研究者でもある著者による、
入門から最先端まで、生命のことがわかる一冊!
2016年ノーベル生理学・医学賞受賞大隅良典氏、元日本マイクロソフト社長成毛眞氏推薦!!
科学が発展しすぎた時代に、まどわされず、自分で考えるための基礎教養
人生100年と言われる時代ですが、それはただ寿命が延びただけの話。
寝たきりやアルツハイマーで何年も過ごさなければならないのが、いまの現状です。しかし、生命科学は「死ぬ寸前まで健康でいる」ために日々発展しています。
この本は、世界的生命科学者が、細胞の話といった生命科学の基本から、抗体やウイルスの話、そして、最先端の知見を、極めて分かりやすく教えてくれる本です。
どんな病気も「細胞」がまず悪くなることなので、基礎である細胞の理解をまず足掛かりに、この本を読み終わるころには、さまざまな「体」にまつわることが理解できるようになっています。
筆者は、2016年にノーベル賞を受賞して話題になって「オートファジー」の世界的権威でもあります。
オートファジーがわかれば、「細胞を新品にする機能」=「アルツハイマーや生活習慣病をなくす可能性がある」ことになるので、必然的に病気の最先端研究まで知ることもできます。
昔は医療にそんなに選択肢がなかったので、知らなくてもよかったのですが、現代は、医療はもちろん、生活にも生命科学は入りこんでおり、いちど学んでおかないと自分で判断ができません。
この本を読み終わるころには、正しさを見抜く力、エセ科学やニュースにまどわされない力もきっと身についているはずです。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
日経BP
ページ数
352ページ
電子版発売日
2020年12月18日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
3MB

LIFE SCIENCE(ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年04月01日

    「生命科学の基礎が、ウイルスが、抗体が、病気が、遺伝子操作が、最新の長生きと老化のことがぜんぶわかる!」(本書カバー見開き部分より)

    オートファジーのことが知りたくて本書を手に取ったのだが、何と著者はオートファジーの研究でノーベル賞を受賞した大隅良典氏の門下生で、本人もオートファジーの研究を続けて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月13日

    生命科学者の吉森保さんが最新の生命科学について解説した一冊。膨大な情報溢れる現代社会において、自分が行動する上で正しい判断基準を養う科学的思考から、細胞の基礎知識、病気の仕組みまでが詳しく解説される(これが理科の教科書だったら理科好きになること請け合いの内容)。最後の方で著者が専門としているオートフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    生命とはなにか?細胞とはなにか?細胞の中の詳細説明の基礎を優しく説明してくれた上で、ノーベル賞を受賞したオートファジーはどんな働きのことで、これからどんな研究に発展していくのかがわかる本。面白くて一気に読み終えた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月20日

    これは面白い。自分にとって、馴染みのないライフサイエンスが、実にわかりやすく頭に入ってくる。著者はこの世界の第一人者にありながら、一般人向けのわかりやすい伝え方が出来るのが、さらに凄い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月08日

    とてもわかりやすい説明、章の区切りも短くて、専門的なことがわからなくても興味を切らさずに読める。
    オートファジー、単語は聞いたことがあったがやっと概要がわかった気がした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月19日

    科学的思考、論文、そしてオートファジーまでライフサイエンスを広範囲にわかりやすく丁寧に書かれた本。
    ボールド部が自分の重要部とは違うので評価は一つさげましたが、これは個人の感性によるものです。
    読んで損はないと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月07日

    科学は、本当に正しいかはわからない、が前提。
    断定する人は科学的にはあやしい。
    真実に近い仮説。
    相関関係と因果関係の違いに注意する。
    比べること=RCT検査。対照群がなければ、比べていることにならない。

    査読=ピアレビュー。二人から4人。普通は3人。リバイスが一番多い。査読前の論文を公表するプレ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年03月10日

    <目次>
    第1章  科学的思考を身につける
    第2章  細胞がわかれば生命の基本がわかる
    第3章  病気について
    第4章  細胞の未来であるオートファジーを知ろう
    第5章  寿命を延ばすために何をすればいいか

    <内容>
    生物の教科書のような本。第1章、2章は基本を、第3章はそこからわかってきた病気の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています