樹海村〈小説版〉

樹海村〈小説版〉

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

内容紹介
「お姉ちゃん知ってる?
この箱が置かれた家はね、
みんな死んで家系が絶えるの」

人々を戦慄させる禍々しい古くから伝わる強力な呪いを、
歪な木々や地を這う根が生える、
不気味で壮大な樹海の奥深くに封印した。
――13年後。姉妹の響と鳴の前に、あれが出現。
そして、樹海で行方不明者が続出する。
自ら向かったのか?それとも魔の力に吸い寄せられているのか?
恐怖が、いま再び解き放たれる。

実録!実在!?東映が贈る【恐怖の村】シリーズ第2弾!
次なる舞台は…アノ富士の樹海。
樹海に封印された呪いの箱が、今解き放たれる!

2020年2月に公開し、非常事態下において異例の興収14億円、110万人を震撼させた映画『犬鳴村』。
続く【恐怖の村】シリーズ第2弾の舞台は、令和の時代となった今もなお禁足地として存在する富士の樹海。
木々の生命力がみなぎる美しい場所である一方、
「コンパスが効かない」「一度入ったら迷って出てこられない」「本当に死体が多数ある」
など様々な話題が絶えず、人生の最期を迎える場所としてこの地を選ぶ者の多さでも有名。
そんな森の奥深くには、何者かが暮らす村が存在した。
そして、封印されし凶悪な呪いの箱……!
「絶対に検索してはいけない」とインターネットの怪談スレで語り継がれる、通称“コトリバコ”。
逃げても逃れられない箱の恐怖と「SUICIDE FOREST」として世界的に有名な富士の樹海がもたらす負の引力。

〈小説版〉は、『犬鳴村〈小説版〉』に引き続いて久田樹生が手掛ける。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
竹書房文庫
ページ数
312ページ
電子版発売日
2021年01月21日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
6MB

樹海村〈小説版〉 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています