デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場

デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【第18回(2020年)開高健ノンフィクション賞受賞作!】両手の指9本を失いながら〈七大陸最高峰単独無酸素〉登頂を目指した登山家・栗城史多(くりきのぶかず)氏。エベレスト登頂をインターネットで生中継することを掲げ、SNS時代の寵児と称賛を受けた。しかし、8度目の挑戦となった2018年5月21日、滑落死。35歳だった。彼はなぜ凍傷で指を失ったあともエベレストに挑み続けたのか? 最後の挑戦に、登れるはずのない最難関のルートを選んだ理由は何だったのか? 滑落死は本当に事故だったのか? そして、彼は何者だったのか。謎多き人気クライマーの心の内を、綿密な取材で解き明かす。
≪選考委員、大絶賛≫
私たちの社会が抱える深い闇に迫ろうとする著者の試みは、高く評価されるべきだ。――姜尚中氏(政治学者)
栗城氏の姿は、社会的承認によってしか生を実感できない現代社会の人間の象徴に見える。――田中優子氏(法政大学総長)
人一人の抱える心の闇や孤独。ノンフィクションであるとともに、文学でもある。――藤沢周氏(作家)
「デス・ゾーン」の所在を探り当てた著者。その仄暗い場所への旅は、読者をぐいぐいと引きつける。――茂木健一郎氏(脳科学者)
ならば、栗城をトリックスターとして造形した主犯は誰か。河野自身だ。――森 達也氏(映画監督・作家)
(選評より・五十音順)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社学芸単行本
ページ数
344ページ
電子版発売日
2020年11月26日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
1MB

デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月10日

    ノンフィクションは殆ど読んだことがなかったけど、これは一気読み。
    なぜ下山家と呼ばれていたのかがわかりましたが、ある意味、ここまで他人と違う生き方をした栗城さんのことは、誰にも理解できないのかもしれません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    栗城さんのことはハッタリばかりの嘘吐きだと思って好きではなかった。読み終えた今、彼が亡くなったことがとても悲しくなった。彼を押しつぶしたのは、彼自身だけど私でもあると思った。生きて、笑いながら夢やら生きる力やらを人前で語るおじさんになって欲しかった。どうか今は穏やかな場所で眠れていますようにと願う。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月28日

    開高健ノンフィクション賞受賞作ということで軽い気持ちで手に取った一冊。気付いたら夜通しで読んでいた。

    お名前しか存じ上げなかった栗城さんだけれども、彼と向き合った人たちの言葉を追いながら、時に言葉を失い、時に心が震え、時に涙しながら読み進めた。帰らぬ栗城さんについて、そんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月22日

    この本を知るまでは栗城史多さんのことは全く知らなかった。読んでいる間に、「あー、こういう人っているんだろうな、今の人って感じだな」と思った。
    ものすごく引きつけられて一気に読んだ。
    筆者のことも知らず、紹介文を読み、「え、ヤンキー先生を持ち上げた人、なんかやだな、読むの」と思って恐る恐る読み始めたが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月22日

    私も高校、大学と山岳部で鳴らし、社会人になってからもテントを担いで山々を縦走したが、それも昔の話。いまではメタボ予防に低山を歩く程度の週末ハイカーである。しかし、こういうのは血が騒ぐというのだろうか。読み始めたら止まらずに一気に読み終えてしまった。
    栗城史多氏のことはもちろん聞き及んでいた。山屋の看...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    自分も登山愛好家なので彼には興味があった。毀誉褒貶の激しい方ではあったけど、新しいタイプの登山家(プロ登山家として認められなかったとしても)として注目をしていた。
    このルポを読んでも事故死なのか自殺に近いのか真相はわからないままだけど、死ぬことで幕を引く以外の結末はなかったものかと思う。
    自業自得と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    自分の人生を変えてくれた彼の人生を第三者が追いかける本。不器用に夢に向かって走っていく彼の姿かっこよかったんだよなぁ。彼は人々の弱さを全開に出していくスタイルだから、周りにとっては受け入れられなかった人も多いのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月09日

    栗城「劇場」の答え合わせ、生前言われていたことは全て正解だった。しかし、酸素も吸ってたとは…
    唯一の救いは、花谷さんが栗城さんをそれなりに親しく思っていたと窺える点。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月27日

    昨年度「聖なるズー」が受賞した開高健ノンフィクション賞、本年度受賞作。選考委員は姜尚中、田中優子、藤沢周、茂木健一郎、森達也。

    栗城史多は本当に分からない人だった。なんでこの人が山に登ってるのかさっぱり分からなかった。山に登るのに他人からの共感も登る理由もいらないから登りたいなら登りゃいいんだけど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月07日

    一気に読んだけど、感想としてはつまらなかった。栗城氏が時流にうまく乗ったお調子者だっただけで、そんなに興味深い人物ではなかったから。

    それと、テレビ局のディレクターとして取材してきた内容を自分の名前で出版するって違和感があるんだけど。テレビ局の肩書きありきの業務で知り得た情報をペラペラ話してノンフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています