ゲノム編集食品が変える食の未来

ゲノム編集食品が変える食の未来

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

◎ノーベル化学賞で注目!ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」人口増、温暖化、食品ロス……パンデミックが拍車をかけた「食×SDGs」の実践!
高GABAトマト、肉厚マダイ、収穫量の多い米、茶色くならないレタス……新品種の開発が次々と進む日本が食の問題解決に貢献。2050年、世界100億人の「食」を救う最先端技術の全貌と食の未来。
現在の世界的な食料事情、品種改良への期待、遺伝子組換えやゲノム編集の技術、日本や海外の開発競争、知財権争い等、食品分野における遺伝子技術を巡る最新動向を解説。消費者が両者を忌避する心理等も浮き彫りにし、未来の食の行方、日本が果たすべき役割を考える。

[目次]
序 章 ポストコロナ時代のフードセキュリティ
第1章 誤解だらけのゲノム編集技術
第2章 ゲノム編集食品が食卓を変える
第3章 ゲノム編集の安全を守る制度
第4章 ポストコロナで進む食の技術革新 
第5章 ゲノム編集をめぐるメディア・バイアス
第6章 「置いてきぼりの日本」にならないために


<著者略歴>
松永和紀(まつなが・わき)
1963年生まれ。89年、京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)。毎日新聞社に記者として10 年間勤めたのち、フリーの科学ジャーナリストに。主な著書は『食の安全と環境 「気分のエコ」にはだまされない』(日本評論社)、『効かない健康食品 危ない自然・天然』(光文社新書)など。『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』(同)で科学ジャーナリスト賞受賞。「第三者委員会報告書格付け委員会」にも加わり、企業の第三者報告書にも目を光らせている。

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『ゲノム編集食品が変える食の未来』(2020年11月17日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
ウェッジ
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年11月20日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
11MB

ゲノム編集食品が変える食の未来 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年02月02日

    ゲノム編集食品は、遺伝子組み換え食品とは
    異なります。

    ゲノム編集食品とは、ゲノムのDNAの特定部
    分を切り取って、そこにある遺伝子を変異さ
    せることです。これは昔から行われている「
    交配」と何も変わりません。

    もともと、その食物が持っている遺伝子を活
    用するだけなのです。

    一方で遺伝子組み換...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年08月22日

    遺伝子組み換えとゲノム編集の違い。従来の品種改良との違い(というか共通点)がよくわかり、遺伝子組み換えやゲノム編集をリスク高として批判する一方で有機農業を礼賛することがいかに非科学的で感情論に過ぎないかということがよくわかった。
    しっかり勉強して科学リテラシーを高めておかないと、これからの食料問題に...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年08月14日

    【まったくマッドではない】
    「ゲノム編集」と「遺伝子組換え」が全然異なることを理解できました。
    (後半は政治的な話で続いたので・・・ですが)

    何となく遺伝子を人為的に操作することは危険に感じていましたが、実は昔から普通に行われていることで、あらためてそこだけをクローズアップすると違和感を感じるとい...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年05月05日

    ゲノム編集という言葉にワクワクしたので読んでみた。遺伝子組み換えは聞いたことあるけど、正直よく分からん!という知識レベルのため1章のDNA、遺伝子、ゲノムなどの単語の定義を知るだけでもためになる。ゲノム編集技術の話から正しい情報取得が難しい現代で、リスクの取捨選択が書かれている。
    東日本大地震、パン...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年02月22日

    ゲノム編集と遺伝子組み換えと自然変異の違いが分かりやすく勉強になった。
    日頃食べている食物も無害なわけではないし、遺伝子組み換え食品が有害なわけでもない。
    我々は偏ったバイアスや誤った情報のせいで、素晴らしい革命や新技術を止めてはいないだろうか?

    古くから柔軟に新しい食品に対峙してきた日本人。
    ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年01月10日

    育種に関しては専門ではないようだが、丁寧に取材して書かれている。著者が長年取り組んできた、食の安全性に関する記述には説得力がある。きちんとした科学的な理解をしたい人には分かりやすく、オススメできる。
    ただ、ゲノム編集は確かに画期的な技術であることは確かなのが、ちょっと賞賛しすぎな感もある。

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング