沢村忠に真空を飛ばせた男―昭和のプロモーター・野口修 評伝―

沢村忠に真空を飛ばせた男―昭和のプロモーター・野口修 評伝―

作者名 :
通常価格 3,190円 (2,900円+税)
獲得ポイント

15pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

若槻礼次郎暗殺未遂に関与したプロボクサーを父に持ち、多様な人脈の中で育った野口。彼はタイのムエタイを「キックボクシング」として日本に持ち込み、沢村忠を擁して一大ブームを巻き起こす。さらに、まだ無名だった五木ひろしを日本レコード大賞歌手に育てあげた――。伝説の興行師の足跡と共に刻まれた、壮大な昭和裏面史を描く!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
電子版発売日
2020年10月29日
紙の本の発売
2020年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

沢村忠に真空を飛ばせた男―昭和のプロモーター・野口修 評伝― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    2020年最後に読んだ本。面白かったです。吉田豪がラジオで紹介してるの聞いて興味持ちました。吉田豪の解説の方が面白いかも。キック全盛期を知らない世代ですが、その後の新日本プロレスや格闘技にどっぷりはまった口なので、そういうものへ強く影響を与えたのがわかります。それと興行は右翼の仕事。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月18日

     現在の総合格闘技の源流。キックボクシングを創ったプロモーター野口修。
     裏方だけにあまりに知られていないが、五木ひろしをプロデュースし、レコード大賞を受賞したり、ラスベガス講演したり、全然知らないことばかりだった。
     父親が児玉誉士夫とも親交があった右翼の大物で元プロボクサーであった野口進氏。芸能...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています