官邸vs携帯大手 値下げを巡る1000日戦争

官邸vs携帯大手 値下げを巡る1000日戦争

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

菅首相の目玉政策「携帯値下げ」、変わらない市場の奥底に呪縛がある!

「携帯料金は四割程度引き下げる余地がある」--。
菅義偉新首相が官房長官時代から力を入れる携帯の値下げ。しかし国民の多くは値下げを実感するに至っていません。
13年ぶりの新規事業者となった楽天の携帯参入、大幅な減益覚悟で値下げを決断したNTTドコモ、今度こそ市場を変えようと
劇薬の「完全分離」導入に踏み切った総務省、ソフトバンクとKDDIによる瀬戸際の攻防。
それでもなぜ市場は変わらなかったのでしょうか。

本書は、そんな官邸と携帯大手の過去1000日の攻防を最前線で取材した著者がその裏側に迫り、
携帯電話市場の課題を浮き彫りにしました。国民が納得するような携帯料金を実現するにはどうすればよいのか。
著者は、市場を取り巻く「大手三社体制」「囲い込み」そして「月額収入」という三つの呪縛を解くことで、
初めて実現すると語ります。本書の内容は菅新政権の次の一手を探る上でも欠かせないでしょう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
日経BP
ページ数
216ページ
電子版発売日
2020年10月09日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
9MB

官邸vs携帯大手 値下げを巡る1000日戦争 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月25日

    官邸と携帯大手の携帯料金の値下げを巡る攻防を総務省を交えて1000日の軌跡を辿ります。また、それと並行する楽天の苦難に満ちた新規参入の経緯も合わせて描く。そして個人的には最も興味深い日本の5Gのスタート状況をやや批判的に評価し、真の5GであるSAでの将来に期待を滲ませます。とても生々しい描写など、ジ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月08日

    タイトルから想像できる通り、まるで小説のようなタッチで描かれていてグッと引き込まれる。さすがにちょっと誇張されてる面はあったりするんだろうか?いずれにせよ日本の携帯料金の未来は楽天が鍵を握るということは分かった。5Gで日本が出遅れた原因を分析する第6章は冷静な文体で全体からは浮いてるけど最も勉強にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年11月02日

    早く楽天はサービスの質向上させて各社の通信料金下げてくれという思い。 

    安価なサービスを投入する企業が生まれ、コモディティ化し、各社が提供するサービスの値段が下がる。イノベーションのジレンマのプロセスですな。

    Eコマースを持ってる楽天が通信インフラも持ち始めるvs通信インフラを持ってる3大キャリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています