鎌倉盛衰記≪一≫ 海に眠る 義高と大姫

鎌倉盛衰記≪一≫ 海に眠る 義高と大姫

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

源頼朝の長女・大姫の“お婿様”として鎌倉へやってきた木曾義仲の嫡男・義高。だがその実態は“人質”。そして父・義仲の反乱で義高の立場は一層危ういものとなった。「俺は、死んだら海に還るよ。鎌倉で死んでもどこで死んでも、必ずこの海に還る」。そう語る義高の腕に抱かれながら、大姫はその揺れる心を感じ取っていた……。涙と感動の歴史悲恋ものがたり。※イラストは収録されていません。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年10月16日
サイズ(目安)
1MB

鎌倉盛衰記≪一≫ 海に眠る 義高と大姫 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年04月17日

    中学生のときに読み、えらく感動しました。部活内で大流行してました。台詞はたしかに少女漫画ふうになっているのですが、地の文もなめらかで読みやすいです。倉本先生の鎌倉盛衰記シリーズは本当にいいです。今読み返しても意外と感動出来ました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    〜お薦めお返事〜
    お薦め有り難うございます!レビューを読んでぶったまげました。ああ、出会うのが遅かった!何て私の好みをくすぐるあらすじ!木曽義仲の息子と頼朝の娘ですって・・・・!??ちょ・・・ま・・・!これはもう手に入れるのが困難のようなので、読めなかった者の勤めとして、思いっきり悔しがってやろうと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

鎌倉盛衰記 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 鎌倉盛衰記≪一≫ 海に眠る 義高と大姫
    源頼朝の長女・大姫の“お婿様”として鎌倉へやってきた木曾義仲の嫡男・義高。だがその実態は“人質”。そして父・義仲の反乱で義高の立場は一層危ういものとなった。「俺は、死んだら海に還るよ。鎌倉で死んでもどこで死んでも、必ずこの海に還る」。そう語る義高の腕に抱かれながら、大姫はその揺れる心を感じ取っていた……。涙と感動の歴史悲恋ものがたり。※イラストは収録されていません。
  • 鎌倉盛衰記≪二≫ 空耳の恋唄 頼家私伝
    建久九(一一九八)年、木曾義仲の娘で十七歳の文殊は、長女の大姫を亡くした北条政子の世話のため、京から鎌倉へやってきた。住まいは大姫が住んでいた小御所。秋なのに桜の花びらが舞うその庭で、文殊は桜の精霊のような少年と出会った。その人こそ、源頼朝の嫡男・頼家。彼の命で、名を桜子と変えた文殊は……。激動の時代に消えた悲恋を描く歴史ロマン。※イラストは収録されていません。
  • 鎌倉盛衰記≪三≫ 十三夜心中 建暦初恋始末
    建暦三(一二一三)年、春。鎌倉に一人の女の子がいた。名前は末里妹(まりも)。幼い頃に身寄りをなくし記憶のない彼女は、自分の本当の名前を知らない。十三夜の月を見ながら由比ヶ浜を歩くことを好み、穏やかな日々を願っていた。だが、婚約者である七郎、そして兄のように慕っている小二郎が、幕府への謀反の渦に巻き込まれていく。そして末里妹もまた……。※イラストは収録されていません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています