人新世の「資本論」

人新世の「資本論」

作者名 :
通常価格 1,012円 (920円+税)
紙の本 [参考] 1,122円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【『新書大賞2021』第1位!大賞受賞作!!】人類の経済活動が地球を破壊する「人新世」=環境危機の時代。気候変動を放置すれば、この社会は野蛮状態に陥るだろう。それを阻止するためには資本主義の際限なき利潤追求を止めなければならないが、資本主義を捨てた文明に繁栄などありうるのか。いや、危機の解決策はある。ヒントは、著者が発掘した晩期マルクスの思想の中に眠っていた。世界的に注目を浴びる俊英が、豊かな未来社会への道筋を具体的に描きだす。
【各界が絶賛!】■松岡正剛氏(編集工学研究所所長)
気候、マルクス、人新世。 これらを横断する経済思想が、ついに出現したね。日本はそんな才能を待っていた!
■白井聡氏(政治学者)
「マルクスへ帰れ」と人は言う。だがマルクスからどこへ行く? 斎藤幸平は、その答えに誰よりも早くたどり着いた。 理論と実践の、この見事な結合に刮目せよ。
■坂本龍一氏(音楽家)
気候危機をとめ、生活を豊かにし、余暇を増やし、格差もなくなる、そんな社会が可能だとしたら?
■水野和夫氏(経済学者)
資本主義を終わらせれば、豊かな社会がやってくる。だが、資本主義を止めなければ、歴史が終わる。常識を破る、衝撃の名著だ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
384ページ
電子版発売日
2020年10月16日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
3MB

人新世の「資本論」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    昨今のSDGsやグリーンニューディールは何か小手先感が否めず、違和感を感じていたが、今の資本主義体制で気候変動に立ち向かう限界を改めて認識させてもらい、自分の中ではとても考え方がスッキリ。でも、その代わりの代替は相互扶助と自治に基づく脱成長コミュニズムとはこれまたかなりハードルが高い。この本が想定す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    最近読んだ本の中で最高
    先進国の人間のライフスタイルが他国で問題を引き起こしている
    脱成長しないと人類が生き残れない
    資本主義の延長に解決の道はない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月23日

    ただただ、すごい!本だった。
    今の地球の切迫的な状況を分析し、資本主義の限界と新たな社会体制につなげる展望。心が震える本だった。
    GI入門に是非使いたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    多くの人にぜひ読んで欲しい本。

    私自身元々、全ての人が自分らしく生きられる世界の実現に向けて貢献したいと思っているが、環境問題はどこか遠い問題だと思ってしまっていた。
    しかし、本書を通じて、私たちが抱える全ての問題(環境問題、貧困、格差、いじめ、虐待、差別、紛争)は、全て繋がっていたのだということ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月19日

    昨日読み終わって…違和感について一日考えてたんだけど、齋藤さんが、それじゃだめだというアナーキズムによって、あらゆる権力から解放される方が脱成長コミュにズムに近づけるんじゃないかと思う。

    それはともかくめっちゃ想像力を刺激される!息子たちも読んで欲しいな…(^^ゞ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月16日

    マルクスを新に掘り起こすことによって、気候危機に対するラディカルな処方箋を提示する。

    山本良一の「総動員」や広井良典の「定常型社会」より、主張がシャープだ。

    アジテーションの香りもあるが、近年、頭が研ぎ澄まされ、胸が熱くなったことのない自分が、なにかしようとおもえた。これは大きい。

    資本主義は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    「私たちは、十分に生産していないから貧しいのではなく、資本主義が希少性を本質とするから、貧しいのだ」

    良い思考実験になったし、深刻な問題ゆえに自分も何かしたいと思うんだけど、結局は人々の教育が大事なんだろうなぁと思うなど。主体性が求められる社会になっていくだろうし、分断を統一していかないとこういう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    著者はマルクス資本論の若き権威者 文章平易で優秀
    資本主義経済体制が、地球的制約の壁にぶつかり、①成長限界②環境限界を認識する中に、③コロナウィルスというショックにより、喫緊の対応が求められる事態となった。
    そのような状況の中で、2世紀近く前のK.Marxが現代に再登場し、「資本主義経済体制」の見直...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    これからも生きたい人、子ども孫に少しでもよい未来を願う人、すべてに読んで欲しい本です。(きっと噛み砕いた本はこれから出る?から15歳以下はそれをぜひ読んで欲しい)

    よくぞここまで言い切ってくれた!っていう感想です。公ではっきり言い切るのはかなりプレッシャーのあることでもあります。

    あと、資本主義...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月06日

    圧巻だった。未来への大分岐も良かったが、この本を読んでさらに斎藤幸平さんの考え方に圧倒された。
    最初は気候変動に関してだったが、今まで環境問題に関する書籍を読んできて知識がそれなりにあったため、そこと絡めながら噛み砕いて読むことができた。
    そしてマルクスに繋げて資本主義では人新世を乗り越えられないこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています