心理的安全性のつくりかた 「心理的柔軟性」が困難を乗り越えるチームに変える

心理的安全性のつくりかた 「心理的柔軟性」が困難を乗り越えるチームに変える

作者名 :
通常価格 1,782円 (1,620円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

いま組織・チームにおいて大注目の心理的安全性とは「何か」から、職場・チームで高めるアプローチ方法をつかめます!

Googleのプロジェクトアリストテレスで、チームにとっての重要性が一気に認知された「心理的安全性」。
本書ではその心理的安全性を理解し、心理的安全性の高い職場を再現できるよう、そのアプローチについて日本の心理的安全性を研究してきた著者が解説します。

これまで心理的安全性はチームにとって重要なことだけが伝わり、指標もなくただ漠然とした概念だけが先行して語られてきました。
そして先行した概念は人づてに伝わり、誤解を生み出しながら広まっています。

本書では心理的安全性が「ヌルい職場」ではなく、健全な衝突を生み出す機能であることを解説し、日本における心理的安全性の4因子「話しやすさ」「助け合い」「挑戦」「新奇歓迎」を紹介します。

また、研究でわかった心理的安全なチームリーダーに必要な「心理的柔軟性」と、4因子を活性化させるためのフレームワークを解説。

さらに読者特典として、データサイエンティストでもある著者が開発した、組織診断サーベイ『SAFETY ZONE®』で心理的安全性を計測できます!

本書によって曖昧に語られてきた心理的安全性が共通言語となり、指標化とアプローチ方法によって具体的かつ効果的な高め方を導き出せます。

【目次】
第1章 チームの心理的安全性
第2章 リーダーシップとしての心理的柔軟性
第3章 行動分析でつくる心理的安全性
第4章 価値とルールでつくる心理的安全性
第5章 心理的安全性導入ガイド

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日本能率協会マネジメントセンター
ページ数
336ページ
電子版発売日
2020年09月25日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
10MB

心理的安全性のつくりかた 「心理的柔軟性」が困難を乗り越えるチームに変える のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月07日

    とてもタイムリーなテーマで読んでみたいと思っていた本。緩い環境ではなく成果を出すためになにを引き出していくか、どうあるべきか。

    話しやすい環境、助け合う気持ち、挑戦する意欲、そして新しいもの、自分とは異なるものでも受け入れていく姿勢。

    感謝の気持ちをもった行動と言動の一貫性が大事。仕事だけでなく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月13日

    心理的安全性について、分かりやすく書かれていて非常に読みやすかった。よかったなと思うのは、率直に意見を言いあう心理的安全性が高いことと品質は別物と切り離して考える事。これが一緒だからこそ、詰めたりしちゃうなと感じた。
    心理的安全性を高めることに必要な、要因・要素を忘れずにチームマネジメントに活かして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月12日

    「心理的安全性」というタイトルに惹かれての購入本。心理的安全性が保たれていた方が、成果も上がるし、働いているメンバーの心理的にもプラスでいいことだらけ。「心理的安全性」という「言葉」を知らないために、そこに意識を向けられていない人が多すぎるのではないかと思う。やはり言葉がないと概念が伝えずらいという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月14日

    嫌子よりも好子を使ったマネジメント!


    機能的文脈主義に基づく心理的柔軟性では、「正論にとらわれず、役に立つことを重視」します。

    「真に重要なのは「誰がチームのメンバーであるか」よりも「チームがどのように協力しているか」」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月17日

    結果を出すチーム作りを行いたい全ての人におすすめできる一冊。
    発信、行動しやすい組織作りするために本書の内容を実践していきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月26日

    組織活性化に必要な心理的安全性について分かりやすく学べた。エビデンスでなく理論を語る内容であった。フレームワークなど実践的なものもあり参考になった。
    マインドフルネスに受け入れ、行動にフォーカスする。自らがチームに影響を与える点を意識していきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月23日

    行動を変え、見返りが好転することで、その行動が出現する頻度を上げていく。人間って複雑なようだけど、この本に書かれている考え方はかなりシンプルで、人間は案外単純なのかも、と思った。書かれていることはありきたりかもしれないけれど、実際に行動することで確実に変わるだろうなということが書かれている。あとは実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月21日

    「行動」が歴史を作るというのは改めてそうだなと思った。人材育成考えるときのヒントがちまちま散りばめられていてgood!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月14日

    少し難しいところもありましたが、これからの組織に「心理的安全性」がいかに大事かがわかりました。
    心理的安全性とは、ただお互いに空気を読んで、波風が立たないようにすることではなく、チームのみんなが健全に議論できるような環境を作ることです。
    そのためには、職場の中核を担うリーダーが、チームのみんなが意見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月10日

    心理的安全なチームとは「メンバー同士が健全に意見を戦わせ、生産的でよい仕事をすることに力を注げるチーム•職場のこと」
    人間関係の問題なので、自分の考え方や捉え方を変え、自分の出来ることを続けていく。「①話しやすさ」「②助け合い」「③挑戦」「④新奇歓迎」4つの因子を視点に「きっかけ」「行動」「みかえり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています